2006.11.04

AU勝者への長い道のり

MNPがはじまったがAUが乗換え希望の第一候補だと聞く。シェアもトップとのこと。IDO時代から使っている私には隔世の感だ。

時代を紐解くと携帯電話、当時は自動車電話とか呼んでいたが電電公社が肩にしょえる電話を開発したとかで1985年あたりに売り出していたと思う。権利金が20万円も取られそれでも自営業者にはうけた。

電話が自由化となり、電電公社(NTT)の占有ではなくなり民間参入、京セラとトヨタが携帯市場には入ってきた。それが「セルラー」と「IDO」だ。当初はNTTの回線部分を振り当て営業範囲を強制的に決めるという解決方法だったが、アメリカが待った! でスーパー301条を盾にモトローラーシステムを売ることになり後発2社はNTT方式のハイキャップかモトローラー方式のTACSのどちらかを選択しなければならず、料金体系も面倒でNTTには全然勝てなかった。

時代は過ぎて携帯も万人に行き渡り始めた1990年代後半、新規参入は日本テレコムと日産であった。それが「デジタルフォン」である。ヤクルトの選手を使うなどして営業をしたが大ヒットは写メール、藤原紀香で一気にNTTに手が届くところまで来た。肝心のAUはというとIDOとセルラーが合併、DDIとKDDが合併してKDDIというブランドで販売を始めたが蚊帳の外だった。NTTはiモードなのに、KDDIはezweb、これも東西ではシステムがことなる一般のページは見れないとハンデが多く、自虐的に「KDDIはいつでも空いています」とまで宣伝に書いた。また宣伝も常盤貴子以降はぱっとせず、NTTから織田裕二を引き抜くことさえしたが、それでもダメ、つぶれることはないだろうとは思っていたが、話題にもならないキャリアを使うのには抵抗もあった。正直このときにMNPがあったらNTTに乗り換えていたと思う。

しかし仲間由紀江をタレントに使い始めた頃から徐々に宣伝も洗練され、他がカメラの改良を図っているときに「音」という別のキーワードを持ってきたのがようやく開花した。差別化をようやく打ち出せたのだ。

またシェアが低かったので回線改良が思いのほか早くできたのも伸びた要因、負け犬時代だったからこそ生めたことであろう。

ソフトバンクが現在苦戦を強いられているが、携帯業界はキーワードが一つ出ればガラッと変る業界、AUの苦しい時代を知っているだけに余計に感じるのである。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006.09.24

デジカメ購入

このblogでデジカメに関して呼びかけをしたところ大変参考になる意見をいただけた。情報提供者の皆様には深くお礼申し上げたい。

赤い砂兎さんの情報からやはりパナソニックで行くことを決め、偶然だがFZ5が埼玉のジャスコで3万円を切る価格で出ていたので購入してみた。
M10001_1
このスタイリングとライカのレンズが購入の決め手

撮り下ろしはやはり慣れ親しんだ京王電鉄ということでダイヤ改正もあった京王へ出かけてみた。以降はあまり関連性がない組写真。キャプションのみで構成する。
P10100190002
池ノ上で行きかう1000系。両車ともシングルアームパンタではない
P10100240003
こちらは改正で忙しくなった6000系の付属2連。37のお相手は19を改造した49だった(ちなみに39も19の改造)シングルアームパンタ
P10100250004
改正ではじまった都営車による調布-橋本の機織り運用。「普通」が入らないのは京王線では今や珍しくなった。調布到着時は「回送」の幕を出す。
P10100280005
こうやって折り返していった
P10100290006
交通安全のHMをつけたのは8000系20番台の高尾山口行き。隣は10連の大島行き京王車
P10100310007
新宿駅では6020の5+5の準特急が、北野行きだったら最高だったのだが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.18

求 デジカメ情報

投稿が進まないのは文章力に問題があるのと、ずっと編集でまともに寝ていないのがあったのだが、他の原因の一つが「デジカメの相性が悪かった」というのがある。

ミノルタファンで、昨年までは「一生俺は銀塩だ」と考えていたところにミノルタのカメラ事業撤退のニュース、これで一気に冷めた。

そうは言ってもデジカメが便利なことは知っていたので前の携帯機種、ソニーの時代はマメに撮っていた。これはメモリースティックがデーターの受け渡しができるので楽だった。

画質にこだわりはじめたのでcasioにしたら大失敗。データーはコードで行うことになった。ソニーのときに管理ソフトのシリアルナンバーを捨ててしまったので止む無く添付メールで画像を送るということをやっている。

またそのcasioは機種がAUのwinではなくA、つまりパケットにはあまり考慮されていない方式なのだ。「海外で使えるから」とかショップは言っていたが、海外で使おうなんて気は全然ない。通話料も高くなったので機種変をしようと思っている。

さて、本題。ミノルタに捨てられてしまった私だが、これからデジカメを買う際はどこにすれば良いか悩んでいる。一応、候補はパナソニック。ライカレンズが良いからだ。ただ光学12倍となると筐体も大きくなる。

ただ大きいのは逆に言うと手ぶれの心配が少ないのでそれはそれとしてありがたいが、妻のcasioエクシリムを使っているとやはり小さいほうがストレスなく使える。またどうしても足りなくなったら買い足せば良いし。

ということで、このblogを読まれている方で、これはお勧めというのがあればコメントいただきたい。購入の候補にしたい。贅沢だが以下は個人のこだわり。逆転するならぜひ上手な説得論法をお願いしたい。

1)CANONはミノルタの永遠のライバル。他の軍門に下がるのは・・・
2)ソニーはVTRで散々泣かされた。今回もミノルタから権利は買ったがあまり買いたくない。
3)なんだかんだ言ってもニコンは好きだが・・

光学は10倍欲しいところ。動画も少しできれば、価格は高くても4万。贅沢な条件なら「顔を洗って出直せ」とコメント願う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)