« ダイヤ改正318 | トップページ | 野球講座を開催 »

2006.12.23

ビクター松下からケンウッドへ

犬で有名なビクター、松下グループから売却をされるようだ。新たな嫁ぎ先はケンウッド、かつてFMの時報で名を馳せた「TRIO」のことである。 ビクターは母が勤めていた関係があり、大変自分には縁があり、かつその商品力に一定の価値は見つけていた。同じ買うならビクターにしたいと思っていたが・・・

今日時点でも未だビクターの商品は自分で一度も買ったことがない。先駆者ではあるのであるが単機能でゴツゴツしているのだ。そしてやはり松下の試作品というイメージでどうしても購入するチャンスが来ないのだ。

ビデオは一度購入寸前まで行った。しかし価格でシャープに負け、機能で松下に負けるわけだ。そして画質という最大のメリットは当時三菱が声高に宣伝をし、ビクターは二番手という印象、どうしても手が出ない。テレビも同様で「これ」といった特徴がないわけだ。

ソニー製品をよく買うが、ここは購入してはじめてわかる。商品の持ちが非常に悪い、商品の信頼性(長く持てるという意味で、商品が信用できないという意味ではない)が高くないのだ。その点、松下は長く持てる。その血を引くビクターだって信頼性は高いはずなんだが。私のように5年も10年も平気で持つ人間(この記事)からすればとにかく長持ちするものが欲しいのだ。

ケンウッドは映像ではなく音響がメイン(レーザーディスクは作成したと記憶)なので松下のDNAを上手くここで生かしもう一花咲かせてほしい。

そして次の地デジ対応TV、何とかビクターを指名買いしてあげたい。

|

« ダイヤ改正318 | トップページ | 野球講座を開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14942/13169759

この記事へのトラックバック一覧です: ビクター松下からケンウッドへ:

« ダイヤ改正318 | トップページ | 野球講座を開催 »