« AU勝者への長い道のり | トップページ | 寺脇研氏 文科を去る »

2006.11.09

浦和レッズを応援してみて

ダントツ入場料収入は”浦和主義”の結晶

そうかなぁと思う。「全国区ではなく“浦和のチーム”を目指した。」そうかなぁ・・

私はサッカーにさほど興味もなく、日本リーグ時代はほとんど見なかった。トヨタカップも友人たちは注目していたが、私は競馬か野球で興味がなかった。

Jリーグがはじまるとかでサッカーにも少し目が行った。実は野球は東京在住ながら鉄道会社が親会社の阪神を応援していて地域的に不利を感じていたので、サッカーはなるべく関東のチームを応援しようと思っていた。

しかし! あのナベツネが大騒ぎしたためヴェルディには気持ちが行かず、かつ川崎だしと、改めて探してみると東京はない。横浜に2つと千葉、茨城、そしてレッズの埼玉だ。

順当ならJEFだろう。親会社はJR東日本、また日産のファンだからマリノスでも良かった。純粋な地域チームの清水FC、今のエスパルスのことだがここでも良かった。しかし私が選んだのは仕事で関係があり、叔父の住む「埼玉」のレッズにした。

正直、誰も知らなかった。福田正博がすごいくらいしか知らなかったが、幸いなことに関東チームだけあって仲間がすぐできた。そして教えてもらったものだ。

恐ろしいほど弱かった。また負けた、また負けた。阪神も泥沼時代だっただけに応援チームの不振は大変堪えた。どうすれば浦和は強くなるんだろう。そう考えてきた頃自分もようやく浦和のファンになれたんだと自覚をした。

仲間に聞いてみると浦和ファンは東京にも多くいる、それはヴェルディの商業趣味にも同調せず、マリノスにも違和感を感じた人間が行き着いた先が浦和だったようだ。地元主義なんて綺麗ごと、実際は弱さを武器に関東のファンを着実に増やしていった。

今でも覚えている、ワールドカップで活躍したドイツのブッフバルトが浦和に来ると聞き喜んだ日を。そしてそこから浦和の暗黒の日は消えた。着実に順位を上げていったのだ。

そして今、黒字球団になったのだが、私の心は残念ながら離れつつある。第二のレッズともいえるだろうか、大宮を応援しているのである。今のレッズはあれほど嫌だった往年のヴェルディと同じだ。

応援するには関東には浪花節も必要かもしれない、弱かったから応援したレッズ、強いにこしたことはないが、強すぎるのも考えものだろう。

|

« AU勝者への長い道のり | トップページ | 寺脇研氏 文科を去る »

コメント

 弱さが武器…あったなぁ、そういうアニメ。

 やわらか戦車だ!
http://anime.livedoor.com/movie/7c2b96541747b374/

投稿: アラ | 2006.11.10 15:23

アラさん>
レッズは弱かったからみんなで応援しようという意識が働いたんでしょうね。そもそも浦和はサッカーでは有名な地域、しかしJ発足時は地元のチームがないので三菱を街に招聘しました。そんな関係もあったからでしょうね。

投稿: SATO | 2006.11.11 09:44

SATOさん、こんにちは。
お住まいの関係もあるのでしょうが、やはり埼玉寄りなんですね(笑)。
レッズファンは強烈であることは、試合当日の埼京線を見ていると分かります。
東武伊勢崎線沿線も結構ファンがいますね。

投稿: 五穀豊穣 | 2006.11.11 16:46

 レッズサポの"ふずりな"です。SATOさんとは野球の話題で盛り上がったことあるけど、サッカーの話題は意外でした。
 僕がサッカーの試合を本格的に見出したのは、ちょうどレッズがJ2に落ちていた時。当日・現地でも試合の入場券の入手が可能だったことと。スタジアムで見るサッカー(全体の動きが良く見える)が、テレビで見るサッカー(基本的にはボールを追っかける)と全く別ものと気付いたからだ。

 今のレッズは強い。ここ何年かは、優勝争いに参加しているし、タイトルも取っている。今の観客動員やクラブの経営は、これが支えているに過ぎない。
 というのも、ファンサイトを見ていると、弱かったレッズを知らないサポーターが結構居ることに驚かされる。平家がそうであったように、いつまでも強いままなどありえない(野球も同様である)。
 だから、最近の僕は「弱いレッズも愛せるか?」と自分自身への確認も含めて、よく知人に問いかけている。

投稿: ふずりな | 2006.11.17 21:51

 この地元主義っていう記事は、その前にあった世界のビッククラブを10チーム紹介する番組へ出演することが決まったらしいというニュースと呼応しないと、よくわからないかも。
 【世界のビッククラブは、世界的に名の通った有名選手(ベッカムとか、ロナウジーニョとか)をチームに迎え入れることによって、リーグ内での人気を保つという経営をしているが、浦和は地元に根ざすことに努力を払って、現在の地位を得ている】というような内容だった。

 レッズが浦和にどれだけ根ざしているか? この本質は住んでみないとわからないかもね。空気みたいなものだから。

 埼玉スタジアムは、最寄りの浦和美園駅を除けば、実は越谷駅が最も近いです。シャトルバスも出ています。公共交通機関を利用してスタジアムに行くなら、京浜東北線沿線よりも、伊勢崎線沿線が有利です。

投稿: ふずりな@さいたま市 | 2006.11.17 22:10

コメントありがとうございました
五穀さん>
気持ち的には神奈川が好きなんですが、東京人はどうしても神奈川にコンプレックス(特に横浜)があるんですよ。埼玉は全くそういう意識が出ないので浦和を選んだと思います。
ふずりなさん>
レッズが弱かったことを知らないのと、ヴェルディが強かったことを知らないのと同数かもしれませんね。私はレッズといえば選手よりファンが好きなんですよ。弱くても応援するという意識が、だからまた弱くなったとしても嫌いにはならないでしょうね。

投稿: SATO | 2006.11.22 20:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14942/12613019

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和レッズを応援してみて:

» スラムダンクより [精神保健福祉士・社会福祉士の資格取得方法、試験合格勉強方法]
「負けたことがある」というのが、いつか大きな財産になる井上雅彦『スラムダンク』 [続きを読む]

受信: 2006.11.12 20:33

« AU勝者への長い道のり | トップページ | 寺脇研氏 文科を去る »