« 客多すぎてトイレ限界、閉店繰り上げ…岐阜の大型店(読売新聞) | トップページ | 荻原御大に会う »

2006.05.08

訃報 曽我町子さん

オバケのQ太郎初代声優で有名な曽我町子さんがお亡くなりになった。享年68歳、ご自宅で死去、友人が発見したそうだ。

曽我さんといえば私がまず思い出すのが「レインボーマン」のゴットイグアナ役である。後日談として曽我さんが話されていたが、本来はイグアナ役の塩沢ときさんがそのままゴットイグアナをやる予定だったが塩沢さんが固辞、そこで曽我さんにお仕事が回ってきたようだ。役では母親だが、実際は塩沢さんよりずっと若かったと聞く。

次は「電子戦隊 デンジマン」のヘドリアン女王の役、とてもはまっていた。好演が良かったのか次作「太陽戦隊 サンバルカン」にそのまま出たという後にも先にもこれしかないという例を作った。また曽我さんは戦隊モノに縁があり「恐竜戦隊 ジュウレンジャー」では魔女バンドーラとして熱演をふるった。

昨年の「魔法戦隊 マジレンジャー」では初の正義側を演じ、その元気なお姿を拝見させていただいたのであるが、放送終了後にまさか訃報を聞くとは思ってもみなかった。

心よりご冥福を祈る

|

« 客多すぎてトイレ限界、閉店繰り上げ…岐阜の大型店(読売新聞) | トップページ | 荻原御大に会う »

コメント

特撮で魔女役といえばこの方というイメージがありました。
年をとっても綺麗でまだまだ現役という印象があったのですが、訃報を知ってビックリです。

ゴットイグアナも強烈でしたけれど、私がまず曽我さんといえば思い出すのは『5年3組魔法組』のツンデレ(笑)魔女ベルバラ。
リアルでも5年3組(何の因果か、その息子も現在5年3組)だった当時は憧れていました。合掌。

投稿: ダイヤグラム | 2006.05.08 10:45

コメントありがとうございます
5年3組魔法組は残念ながら見ていません。フジテレビの製作だったと記憶しています。

曽我さんは子供が大好きで、子供向け特撮をやるのが楽しみと対談でお話なさっておられました。

こういう方ってなかなかいませんよね。

PS 個人的には「米倉涼子」に2代目曽我町子を襲名して欲しいです。

投稿: SATO | 2006.05.10 21:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14942/9954563

この記事へのトラックバック一覧です: 訃報 曽我町子さん:

» 脇役 [ば○こう○ちの納得いかないコーナー]
以前、「ボーダーライン上の役者」という記事では、「大根役者とは思わないのだが、だからと言って演技が上手いとも思えない微妙な存在、言うなればボーダーライン上の役者。」に付いて書いた。この場合、自分が念頭に置いていたのは主役クラスの役者だったのだが、今日は脇役に付いて書いてみたいと思う。 主役やストーリーがどれだけ素晴らしくても、それだけではドラマや映画は絶対的な魅力を出し得ない。優れた脇役が在ってこそ主役も際立... [続きを読む]

受信: 2006.05.08 02:27

« 客多すぎてトイレ限界、閉店繰り上げ…岐阜の大型店(読売新聞) | トップページ | 荻原御大に会う »