« 写真展に出かける | トップページ | 鉄道の統合時代が来たか2 »

2006.04.20

鉄道の統合時代が来たか

阪神と対等な形で統合へ 阪急HDが新持ち株会社

銀行、保険など合併が進んだ日本だが、なぜか鉄道は吸収合併しかこのところ例がない。この合併は久々の対等合併であり、昨今流行の持ち株会社型合併だ。

関西は長く私鉄が都市間輸送を担い、規模の割には私鉄の数が多いようにも思えた。これからの本格的低成長を考えれば先手を打っておくのも良いと思う。

阪神と阪急の場合競合区間は文字通り「阪神」間だけ、海側の阪神と山側の阪急では商圏も若干異なるだろう。割って入ったのがJRでその路線網をフル活用して根こそぎパイを奪っていった。

阪神、阪急とも競争から「落穂拾い」の作戦に出、JRの手薄なところを強化していく作戦に出た。そして福知山線事故で若干のシェア回復もあっただろう。

阪急は三宮から神戸市営の乗り入れを希望している。一方阪神は西大阪線の難波延長で近鉄との乗り入れで奈良へと手を伸ばす。JRの追撃体制は揃いつつある。すでに関係強化の山陽も交えて運賃の共通化がおきれば私鉄の春は再び訪れるかもしれない。こうなったら阪急HDが神戸高速を買っておまけに神戸電鉄や能勢も運賃共通化を図れば姫路から奈良まではJRと同等とはいえないがかなりいい線になると考える。

こうなると辛いのは京阪と南海だ。両者合併はヲタの妄想でしかないが、このまま孤高を保つのか、例えば京阪が思い切って近鉄に話を持ちかけるのか、火蓋が切られただけにこれからは何があってもおかしくはない。

一方、我が東京だってうかうかしていられない。北総鉄道は思い切って京成に買ってもらい料金で優位に立ってNEXを追い落とすなどできないだろうか。また浅草線を京浜急行が買えば新橋、東京へはJRと互角になる。

低成長時代だからこそ統合で乗り切るのが得策だ。車輌は早くも統合の波が来た。次は本体の出番だ。

|

« 写真展に出かける | トップページ | 鉄道の統合時代が来たか2 »

コメント

 ふ~む、合併することでどんなメリットが生まれるのか…便利になるのは嬉しい。
 一方で、赤字路線は容赦なく切られて行きそう。大丈夫なんだろうか。

投稿: アラ | 2006.04.20 23:41

まさかアラさんからここにコメントいただけるとは・・ 本当にありがとうございます

阪神の支線は大物から分かれる「西大阪線」と独立の「武庫川線」ですが西大阪線が話題の「近鉄乗り入れ線」ですから廃止はないです。武庫川線は団地専用線で距離もわずか数キロですから廃止はないです。
一方阪急は北千里に行く支線(廃止はない)嵐山支線(これも考えられない)、伊丹線、今津線、夙川からの分岐がありますが今津の南線がもう一歩の利用度かもしれません。ただ、この線が唯一阪神と顔を合わせる支線ですし、阪神で言う武庫川線と同格ですから廃止の効果は薄く維持、ということでJRと違い代替廃止はないでしょうね。
阪急は他に湊川から出る神戸電鉄、大阪市営江坂から先の北大阪急行、同じく神戸市営の延長線北神急行、川西を走る能勢電と子会社が山ほど、ですからここでの相乗効果も出て欲しいとは思います。詳しくは今度飲み会でもやりましょう。

投稿: SATO | 2006.04.21 08:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14942/9675831

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道の統合時代が来たか:

« 写真展に出かける | トップページ | 鉄道の統合時代が来たか2 »