« HP本格リニューアルのお知らせ | トップページ | WBCは本当に面白いのか »

2006.02.24

ミジュノ キョース 帰国へ

韓国の鉄道を研究してもう5年以上も経つ。韓国の鉄道の著者、山田氏とも親しくさせていただいているが、水野俊平教授が韓国から日本へ帰国なさるようだ。

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/10/20/20051020000036.html

(朝鮮日報)

水野先生とはある会を通じて大変親しくお付き合いをさせていただいている。過日も新大久保で一緒にお酒を飲んだ。実は水野先生、大変な鉄道好きで韓国の廃線を歩いて探すなどのこともなさっておられる。

まだそんなに有名ではなかった頃は簡単に探索できたのであるが、有名になってしまってからというもの「ミジュノキョース」と指を差され、デジカメで写真を撮られてしまっているようだ。鉄道趣味もずいぶんとやりにくくなったと聞いた。

新大久保でもお店に入れば店主が凍る。それもそのはず、日本で言うところのボビーオロゴンやユン・ソナと同じような外国人タレントだからである。ただ、すれ違う日本人にはほとんどわからないので、その点は大手を振ってあるけるようだ。

別の記事では「ユミン」こと笛木優子も帰国の予定らしい、韓流ブームもいよいよ逆輸入までくるほどヒートアップしたようだ。

|

« HP本格リニューアルのお知らせ | トップページ | WBCは本当に面白いのか »

コメント

トーク・バラエティ番組で活躍、ということですが知りませんでした。

昔の記事を拝見していたときに、談話喫茶滝沢の記事があって、共感する所がありました。多分、周囲がみんなしゃべっているからしゃべりやすい雰囲気があったのでしょう。気持ちよくしゃべれると、お店に対していい雰囲気を持ちますよね。
しかし不採算では仕方ありません。

投稿: dias51 | 2006.03.04 09:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14942/8816738

この記事へのトラックバック一覧です: ミジュノ キョース 帰国へ:

« HP本格リニューアルのお知らせ | トップページ | WBCは本当に面白いのか »