« 人生を変えるであろう満点 | トップページ | そんなに東横インが悪いのか »

2006.01.24

人にやさしい電車とは

京王電鉄:おもいやりぞーん導入 8人分優先席を16人に

同記事によると
23日から、従来の優先席を拡大した「おもいやりぞーん」を車両に導入した。つり革の色を変えるなどの工夫を加え、これまで以上に優先席を明確化させ、「人に優しい車内環境」を提供したいという。

大変結構なことではあるが、誰を優先させるかなどをどうせ広げるのであれば考えて欲しい。記事では席数を倍にするということを書かれているが、要するに車端部をすべて優先席(おもいやりぞーん)に変えることと思われる。となれば一般乗客は車端部に座ることは大変難しいことになってしまう。

*私は「優先席」に座らないというのは安易な判断だと思う。空いているなら座る。ただし椅子に困るような人が来たらすぐ代わるという意識さえあれば良いと思う。私自身はどこで座っていても同じ考えである。

都電があるが、都電などは車両全部が優先席みたいなもので、東池袋から町屋までは座るということは大変難しい。空けばすぐ老人が乗ってきて代わることとなる。しかしそれでもあまり文句が出ない。

お年寄りが弱者というのはどうも過去の遺物のようにしか思えない。もちろん大事にするのは大切だが、かくしゃくとしたお年よりも多く、まもなく団塊の世代もその仲間に入る。それをお年寄りと呼ぶのはちょっと失礼だろう。

むしろ「座りたい人」や「座らせたい人」の優先席と定義を変えたらと思う。お年寄りでも杖を持っていたら代わるなどのことである。
ただ、私はもう少し言いたい。私が弱者と思うのは「子連れ」だ。子供を連れて電車に乗ると子供はすぐに飽きてしまう。中にはそんな傍若無人な子供を放って携帯を見ているバカ親もいるが、大半は困りきった顔で乗っている。こういう人こそ「やさしい電車」で保護するべきだろう。国を上げて子育てを支援するならこういう部分でも支援をすべきである。

東急では女性専用車を終日連結しているが、そこに子供づれも乗車OKとすれば良いと思う。都電の例を出したが、どの車両でも気を使って乗るくらいなら1両まるまる明け渡す方が意識しない分楽である。また女性が怖いのは酔っ払いとか痴漢であって男全般や子連れに対してはそうは思わないはず。もしそう思うのであれば甘えるのもいい加減にしろと言いたい。

かくいう私も子供の騒ぎ声が車内から消えるとなればそれは歓迎すべきことだ。車端部に座れなくても諦めもつく。

やさしさが本当に欲しい層というのを鉄道会社は真剣に探して欲しい。

|

« 人生を変えるであろう満点 | トップページ | そんなに東横インが悪いのか »

コメント

SATOさん、こんばんは。
降りる方が先だというのに、それを掻き分けてダッシュして空いてる席にどうしても座ろうとするバカどもがいる限り、どんな優先席が設けてもあまり意味がないように思えます。
SATOさんのように、優先席というのは本来いらないのであって、空いていれば座り、譲るべき方がいれば譲るというスタンスであれば結構なことだと思います。
自分は高齢化社会の現在、年齢で優先するしないというのはあまり適切ではないかと考えています。
お年を召した方よりも、最近の若者の方が明らかに疲れている場合も多いですからね。

投稿: 五穀豊穣 | 2006.01.25 22:49

横浜市は確か全車両が優先席だったと思います。シルバーシートが出来た当初は福祉政策も不十分だったし、その重要性を知る人間も少なかったのですが、もう30年以上たちました。そろそろ路線変更をしても良いと思います。
通勤車は今後でも良いですが、特急やグリーン車ははやく「サイレントカー」というのを導入して欲しいです。案内はスクロールだけ、大声は出さない、18歳以下乗車禁止など、なんだか監獄みたいですが、車内が事務所や作業場になってほしいお客さんだっているようです。東海道新幹線に乗るたびに感じます。

投稿: SATO | 2006.01.26 08:52

うちのブログへのコメント、ありがとうございます。

妊婦や子供連れに対する配慮の不足は、私も最近良く感じていました。
考えてると、終戦から今まで、私達はどちらかというと、目に映りやすく対処もしやすい「高齢化」にばかり気を取られてしまい、肝心の「少子化」対策にあまりお金とエネルギーを回せていなかったような気がします。(あくまでも個人的な認識です)

確かに、お年寄りのケアも大事ではありますが、将来に渡ってそれを支えてくれる子供達が生まれてこないことには、いくらケア体制を充実させてもいつか崩壊してしまう訳で。
政府も金を配ったり働きやすくしたりするだけではなく、交通機関などのような、非常に身近で使う機会も多い所に対して、もう少し目を向けて欲しいと思います。

投稿: ケンチャナヨ | 2006.02.19 22:38

ケンチャナヨさん よろしくお願いします。
高齢者の年金が厳しいと言われます。今は国民年金夫婦二人の満額で約年160万。低い低いと言われる国民年金でさえこれですから、厚生年金や共済年金はもっともらえます。
300万円生活の勧めがはやったように現役世代は300万円生活になりつつありますが、年金はその現役世代の5割以上を国民年金でカバーしています。
いかに恵まれているかがわかりますよね。一方、子育ては年金を払わなくても給付に影響しない程度の施策でまだまだの感があります。お金が出せないのであれば、オトナ1人に子供2人のルールを撤廃して、実子や養子なら大人一人に子供無制限で無料乗車や特急券の1/4料金の設定などを考え出しても良いでしょうね。

投稿: SATO | 2006.02.25 09:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14942/8322926

この記事へのトラックバック一覧です: 人にやさしい電車とは:

« 人生を変えるであろう満点 | トップページ | そんなに東横インが悪いのか »