« そんなに東横インが悪いのか | トップページ | 首都高モニターだったころ »

2006.01.29

さすが! 足立の大英断に拍手

足立区:新年度予算発表 竹ノ塚駅周辺の立体化に10億円積み立て 

記事によれば「昨年10月の区議会で、立体化資金を積み立てる基金を条例で作っており、実現に向け06年度から3年間で60億円を積み立てるとしていた。区は今年度補正予算でも基金に積み立てる予定。」とのこと。自分の街は自分で作るという住民や区議の意識に拍手を送りたい。

よくこのような高架工事などを行うと住民は「反対」「経費は鉄道会社で持て」あげくは跡地は遊歩道にといったいそんな金どっから出てくるんだよ。と呆れ顔になる意見ばかり見るが今件は違う。

昨年、痛ましい事故が起こったが、一時期竹ノ塚を利用していた自分にとっては切実な現象だった。竹ノ塚は東京で信じられないようだが平面の複々線だ。平面の複々線というと川崎近辺や横浜の花月園のそばなどもあるが、あそこでも痛ましい事故が起きている。つまり複々線となったらもう平面にすることが難しいのだ。

足立区は従来の流れなら東武相手に「そっちの金と東京都の助成金で高架にしろ」と迫っただろう。それを今回は議会で予算につけた。予算は税金だから別の使い方をしようと思えばできたはず。それを高架に張ったわけだ。誰にも頼らず自力でだ。

この考えは気に入った! ちょっとでも法人税を上げるために、商店の所得を上げるために足立に買い物に行くことにした。あなた方の努力は鉄道ファンたる自分は忘れない。買い物で応援するから、私のことも覚えてほしい。

|

« そんなに東横インが悪いのか | トップページ | 首都高モニターだったころ »

コメント

SATOさん、こんばんは。
東武としても、ここがクリアできればかなり視界は良好ではないでしょうか。
もちろん、できるというならば最初からやっている訳であって、それは色々な柵があるのでしょう。
竹の塚は公団の街。
あの公団もそろそろ建て替えが始まってもおかしくない状況です。
街を活性化する意味でも、線路によって遮断されてしまう平面よりも高架にして駅の両サイドの行き来が容易になることが、これからは求められているのではないでしょうか。

投稿: 五穀豊穣 | 2006.01.31 20:37

東武は伝統的に通勤に手抜きをする傾向があり、新車をなかなか入れないなどのハンデをみました。冷房などもあまり真剣に考えなかった会社でした。
竹ノ塚も事故がなかったら今も検討課題に上がったかどうか・・
ただ、3/18の改正でわかるようにようやく本気を出してきました。この会社が本気を出したらおっかないですよ。会社が大きく、商圏が広く、観光地を持ち、団地を抱える。
短い会社にはない大きなサービスが期待できますね。

投稿: SATO | 2006.02.02 07:57

京浜東北と東海道は良く止まります。

川崎と花月園前ということで、踏切がべらぼうに長いんですよね。やはり待ちきれず、渡ってしまっての踏切事故が多いのだろうと最近気づきました。

開かずの踏切が減ってくれればと思います。

投稿: dias51 | 2006.02.03 21:12

diasさん おはようございます
法律であかずの踏み切り解消をすべしというのが決まったと記憶しています。
法律制定は事故が起きると検討がはじまるようで(まぁ当たり前ですが)このきっかけが中央線の高架移設工事です。
花月園あたりは高架が難しいですから、歩行者が上るようになるでしょう。従って歩道にエレベーターが設置されます。

投稿: SATO | 2006.02.04 09:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14942/8398183

この記事へのトラックバック一覧です: さすが! 足立の大英断に拍手:

« そんなに東横インが悪いのか | トップページ | 首都高モニターだったころ »