« 冷静に冷静に | トップページ | 出雲廃止による問題考察 »

2005.12.11

鉄道講演会を仕切った

このblogでも書かせていただいた青木栄一先生の講演会が昨日開催されました。

人数は一般も含め70人以上と大変盛況でした。ありがとうございます。
内容は「市民が鉄道に何を求めるのか」という視点で、速さや乗り心地、そして乗換やダイヤなど様々な方面から分析をなさり、とてもわかりやすくお話をくださいました。

後半は福知山線での事故に関してのお話、保安装置だけでは完全にフォローできず、二重三重のバックアップが必要というお話と、「例え人間が解除したとしても、それすら織り込んだバックアップ体制が必要」というお話は心に残りました。

当日はゲストをお呼びしました。あえてNetでは告知をしませんでしたが、第5回の講師、元営団地下鉄車両部長の里田啓さんと小田急OB生方良雄さんのお二人で、生方さんからは脱線とガードレールに関して即興の講義をいただけました。私自身もまさか講義をいただけるとはと驚きました。

終了後は懇親会を3人の先生とともに行いました。営団5000系製作秘話や小田急8000の秘話などいろいろなお話を直接関係なさった方々うかがえたのは涙モノの体験でした。

講座を企画してこれほどまでに楽しかったことはありませんでした。今回の体験はずっと心の中に残るものと思います。

|

« 冷静に冷静に | トップページ | 出雲廃止による問題考察 »

コメント

こんばんは。Kaz-Tです。すばらしいお話を聞くことができまして、とても有意義な講演会でした。

一般市民からみた鉄道に限らず公共交通機関が今後どうあるべきか、という点でわかりやすい内容でした。

また、懇談会でもいろいろな方とお話ができまして、行ってみてよかったと思っています。本当にありがとうございました。

投稿: Kaz-T | 2005.12.11 23:02

SATOさん、こんにちは。
講演会は盛況だったようですね。お疲れ様でした。お誘いいただきましたが、ちょっと東京までは出向けませんでした(^^)。
もし、機会があれば、こんどは関西でセミナーを開いてくださいね。

投稿: なかっちょ | 2005.12.12 17:56

早くからご案内をいただいていたのに、結局、時間の調整がつきませんでした。
欠席のご連絡もせず、申し訳ありません。
また、次の機会がありましたら、ご案内をいただけますでしょうか。

投稿: twins | 2005.12.17 17:34

こちらではお初にお目にかかります。

さて、SATOさんに開いて頂いた講演会、大変有意義でした。文京区の交通のことから鉄道に科せられたニーズについて、安全運行について、非常に学ぶものがあったと思います。それと、懇親会。私にとって雲の上の人とお話出来る機会を持つことが出来た事は私にとっては一生涯の記念になったと思っております。有難う御座いました。m(_ _)m

投稿: あしがら&さがみ | 2005.12.18 22:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14942/7566731

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道講演会を仕切った:

« 冷静に冷静に | トップページ | 出雲廃止による問題考察 »