« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005.11.29

冷静に冷静に

LRT:構想実現を! さいたま市に市民団体要望

LRTがブームだが、その計画は慎重に願いたい。研究は続けているようだが希望路線が「さいたま新都心ー埼玉スタジアム」で驚いた。
埼玉高速鉄道が大赤字でどうしようもない状態なのに、さらにライバル路線を引っ張るというのは本当に効果のある路線設計なんだろうか。

また浦和美園から岩槻にまで延伸計画もある。同記事には「都心と直結する南北に比べて東西の交通網が弱い同市内では、」と書かれてあるが、これが所沢近辺ならまだわかる。しかしさいたま市には武蔵野線も川越線もあるではないか。大宮ー武蔵浦和ー東川口ー浦和美園の乗換では不満なんだろうか。またそんなに浦和美園に行きたいのだろうか。経由地にこそ意味があるんだということもあるだろう。しかし万年混雑の新大宮バイパスを通過するには地下化で凌ぐしかない。

確かにさいたま市にLRTがあってもおかしいとは思わない。しかし路線は冷静に、冷静にをお願いしたい。延伸予定の岩槻までをLRTにすることだって良いことだと思う。北浦和ー埼玉大学はダメなんだろうか。

引くのではない。乗ってもらうのだ。名古屋のピーチライナー、あの二の舞になるのは見たくない。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005.11.27

多品目が起こすヒューマンエラー

新幹線が50mオーバーラン 姫路駅、運転士が勘違い

JR西にとっては二度と聞きたくない言葉であるが、記事をよく見るとなるほどと思う。

最初、山陽区間だから停車駅の勘違いかと思った。しかし誤通過警告装置(でもいうのだろうか)は新幹線のような路線には付いているはずと思い直し。確認で読んだところ「編成長の勘違い」で起きたものだった。

記事では「JR西日本によると、運転士が16両編成と勘違いしたのが原因」と書かれている。8両だから「ひかりレールスター」が該当の列車だと思うが、のぞみと同じ700系、運転台などはのぞみと全く同じなのだろうか。
東海区間は早くも車種統一を図り、こだま・ひかりが300、のぞみは700が主流で、500がたまに入る、かつすべて16両とエラーの起こりにくい環境である。

一方、山陽区間は16両ののぞみに8両のひかり、6両4両のこだまも存在し、車両も100系が健在と多種多様、これでは間違いも起こりやすい。

山陽区間は東海区間と違い輸送人員が少ないため一律16両では不採算、それゆえの多品目なのだが乗務員は大変だろう。

しかし京急などは4両から12両まで様々な編成でも問題なく操作できている、このあたりは会社の方針や姿勢も関係しているのだろう。

新幹線は「特急」だ。通勤電車のように「混んで当然」「お客が合わせる」といった考え方は通用しないだろう。停車位置だって全部一番前に固定すればこんなエラーは起きないと思うが、それではグリーン車の位置が号によって全部バラバラという「特急らしくない」サービスになってしまう。

多品目にするにはその環境の後押しも必要だろう。本来なら特急は多品目には向かないはずだ。それを「利益」という名の下で強いられる会社も気の毒だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.11.21

結局 売れれば良いわけだ

五輪向け美姫、愛子缶コーヒー(共同通信)

コカコーラの商品が対象のようだが、キャラクターは上村愛子、安藤美姫、岡崎朋美の3人である。
共通点はどこか。男にとっては愚問中の愚問で

かわいらしいアスリートであるから

しかし何ですね~ スポーツっていつからルックス重視になったんでしょうね。
昨日は高橋尚子が奇跡の復活とかいってもうオリンピックの話が出始めたが、増田明美ならあそこまで騒がれたかは疑問。

バレーのかおる姫にゴルフのミシェルウィー、テニスのシャラポアなど要は売れる選手に仕事が来るわけだ。

ゴルフでは宮里がいなくなったらまた閑古鳥が飛んでくるのであろうか。今でこそ女子は注目されているが、ほんの数年前までは「TV中継の意味があるのか」と疑問視されたほど。韓国人選手が台頭していたころだ。数年前にちょっとだけ女子が話題になった。元祖美人ゴルファー村口史子が活躍した年だ。村口はCM契約まで取ったが、その後低迷。人気もそれと同調するようにあれよあれよと消えてしまった。

いったい何を見ているのだろう。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2005.11.16

苦い変更にならなければ・・・

サッポロビールが黒ラベル一新(共同通信)

ビールが好きだ。かつ地ビールなどの特産品ではなく市販のビールが好きである。1985年、会社に入ってからというもの新製品は必ず一度は飲んでいる。経緯も含めて思い出はいくらでも書けるが割愛する。

タイトルが気になる。サッポロは現在第三のビールでシェアを維持し、発泡酒ではもう一歩、ビールはどうなんだろう。あまり聞かない。

まだ発泡酒も第三のビールもなかった時、サッポロは賭けに出た。主力商品の「黒ラベル」を捨てたのだ。覚えているだろうか。巨人の中畑をCMタレントに置いて「サッポロ ドラフト」という名前で金のラベルにしたことを。

酵母だかホップだかの成分を変えて市場に殴りこみに出た。当時はキリンがシェアの6割を取り、アサヒのスーパードライが産声を上げた頃だ。サッポロはこれに運命を賭けていたのだろうか。

結果、大失敗で黒ラベルのユーザーをも離してしまった。私は黒ラベルが好きだったのだが味の変更でメーカーを変えてしまったほどだ。賭けは裏目に出た。

ただサッポロはこの失敗を即座に正し、黒ラベルを併売という形で復活させ、やがて「ドラフト」は市場から消えた。ユーザーが戻ったのかはわからない。その後のサッポロの新商品はどれももう一歩だった。「ハーデイー」などは炭酸の量を増やすとか、味より奇をてらった作戦など色々試行錯誤していたようだが市場には定着しなかった。
もっともキリンとて同じ、モルトドライだのマイルドラガーだのトリビアの種のような商品ばかり、あの頃は各社迷っていたようだ。

サッポロは黒ラベルを戻してからは迷いは消えたようだ。エビスとの2本立て、とんねるずをCMタレントに据え「大人になったら黒ラベル」、三浦友和と加藤茶のコンビで「ビールは喉」、卓球風景の音楽だけのCMなどセンスも上がった広告展開でビール不況の中頑張っていると思う。

今回はブランドは変えないが中身はちょっと変わるのだろうか。さっそく味見をしてみる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.11.14

オレが本家だ!

有名店ではしばしば跡目争いとか本家争いがあるようで、調べてみると結構あるようだ。
紹介してみる。

まずは横浜の雑貨「キタムラ」 ここは「キタムラ」と「K2」に別れるようで、キタムラには「当社とk2は全く関係ありません」と記載されている。

同例が大阪の名物カレー、夫婦善哉の織田作之助も通ったという自由軒
自由軒
せんば自由軒 に別れるようで、ここも自由軒が何かしらを書いている。

さらに続く、餃子の王将も
王将
大阪王将 と別れる。

名古屋の味噌にこみうどんの「山本屋」も同じようで
山本屋
山本屋 ここに至ってはどっちが本店かわからない

ただ中には「のれんわけ」がしっかりしているところもあり 東京の有名な高級くだもの店
「千疋屋」は
京橋 千疋屋
銀座 千疋屋」 に別れている。こちらでは「のれんわけ」の事実が書かれている。

またゴーフルで有名な「風月堂」は

上野 風月堂
東京 風月堂
神戸 風月堂」 となっている。HPを見た範囲では神戸が完全なのれんわけ、上野と銀座に関してはわからない。

おのおの「完全独立」で老舗を争うケースや「のれんわけの融和型並立」ケースなどあるが、別れる原因は「支店を出す」とか「戦争で一時閉店」などの事柄が多いようだ。他にも調べれば出てくるとは思うが、今日はこの辺で。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.11.13

Suicaはカウセンラーになるか?

アメリカにこんな格言があるようだ
「日本でのカウンセラー成功は至難の業だ。なぜなら「街の飲み屋の女将」が有能なカウンセラーだからだ」

今日も疲れたビジネスマンが街に繰り出す。そして女将に愚痴をこぼして明日の活力を仕入れる、日本固有ではなくおそらくアジアに根付いた文化なんだろう。

神田や新橋の立ち食いそばやというのは、鉄道ファンの感覚で見ると少し変である。立ち食いそばやの形態をしているが”立派な飲食店”となる。つまり「流れ」の客以外に「固定客」というのが必ず付いている。社員食堂のない会社においてはその立ち食いそばやが「社食」であり「昼の飲み屋」なのである。

店員も心得ていて「あれっすか?」 客「うん」、これで注文完了である。なかには座っただけで出てくるというツワモノもいる(実際に見ています) 一般客の入店時には「たぬきそばに卵」というのに対して、常連は「当たったよ」(多分競馬だろう)「昨日ケンちゃん来た?」「あそこでさ、鈴木さんに合ったよ」 これでそばが出てくるわけである(笑)

Suicaが街に出始めた。ファミリーマートとジョナサン、ビックカメラなどが使用可能のようである。そしてJR構内は徐々ではあるがあじさいなども使えるようになってきた。

ビューSuicaなら個人情報がJRのセンターに保管されている。そしてSuicaの特長である「購入履歴」というのがタッチの際に残る。つまり「個人の年齢性別住所と購入履歴」が情報として一元管理されるわけだ。これを上手に使えば「男、40代、東京在住の給料日10日後の現金購入の傾向」や「あじさいにおける月曜日の購入層別最多販売商品」などが一目でわかることになる。

将来はわからないが、もし携帯端末に情報を送ることができるようになれば「今日はお子さんの誕生日です。今までの傾向から今日の佐藤さんは新宿で降ります。最寄にはSuicaの使えるおもちゃ屋さんはここです」ということや「月曜日です。今日は新橋にご予定はありませんか? 新橋の立ち食いそばやではサービスフェアやっています」といった個別プッシュ型情報提供が出来るように思える。そしてそれは個人個人の傾向を完全につかんだある種の「カウンセリング型の情報提供」になる。

人間のみが持ちうるきめの細かいサービスが機械に移行される日も近いだろうか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.11.10

10年間でただ1回

オタクのもともとの意味の一つに「非体育会系」というのがあり、昔は「帰宅部」なんて言われたものだ。私は体育が苦手(と勝手に思い込んでいた)のと軍隊式ルールがなじめず体育会系部活には入らず、かといって小学校時代から鉄道研究会があるわけでもなく学生時代と部活はほとんど無縁だった。

そんな関係でTVを良く見た。夏休みなどは8時間見っぱなし。朝のおはよう子供ショーからはじまり、モーニングショー、ベルトクイズQ&Q、ポーラ連続TV小説、花王愛の劇場、リビング2、3時のあなた、再放送、マンガキッドボックス、7時のアニメで都合12時間だね。視聴率モニターのようだ。

もちろん大人になっても癖は抜けず帰宅後はだいたいTVを見ていた。90年代はトレンディドラマが全盛で、その大半を見た。安田成美が好きだったので、彼女の出る番組はほとんど見たのである。

しかし結婚後、それがピタリと止まった。妻が大のTV嫌いだからである。妻は連続モノ等まず見ない、TV見ているかと思えば全部VTR、たまに見るのは刑事コロンボという私とは正反対の性格なのだ。従って私のTVを見る機会は10年で1/10になってしまった。

そんな私でもVTRに撮ってでも見たトレンディドラマが1つだけあった「ロングバケーション」である。最初こそ見なかったが、偶然TVをつけて驚いた。取引先が多かった江東区の新大橋が舞台ではないか。ストーリーも当時とすれば斬新で「次回が見たい」と久しぶりに思わせてくれる番組だった。松たか子を知ったのもこの番組からである。

終わってしまって往年の習慣が戻るかと思いきや戻らなかった。結局数回見て飽きるの繰り返しで、料理番組の方がまだ真面目に見ている。10年の間にTVの感性と私の感性が完全にずれてしまったようだ。もうそれで構わないと思っている。

今日、ラジオから「La La La ラブソング」が流れた。見ていた頃の自分を思い出した。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005.11.08

腹痛と保険

日曜日のこと。blogを書いて企画書などをまとめようかと思っていたところちょうど12時、最近シリアル(コーンフレーク)が好きなものだから、それを食べて数時間経ったら腹痛がしてきた。
最初は「しばらくすれば直るだろう」とタカを括っていたのであるが、時間を追うごとに痛みはましてくる。あげくは立てなくなってしまった。しかし時間は21時、もう間に合わないだろうと何とか耐えていた。あの痛みは相当辛かった。
1時、2時・・寝れない。痛みはますます酷くなってくる。あげくは飲んだ水も戻してしまうということになってしまい、とうとう6時に救急車を呼ぶことになった。

救急病院に担ぎ込まれたが立っていられない。ベッドで寝てとりあえず点滴がはじまった。左手に点滴2本、痛いのもあるが、どうしても動きが不自由になる。トイレにさえ行けないのだ。チャックが下ろせず結局だらしない恰好でトイレに行った。

検査は続く、のどが渇く。しかし水は飲めない。痛みは引かない。辛いということはこういうことをいうのだろうと涙が出た。診断が出た「盲腸の疑いがあります。CTで再検査です」

保険の仕事をやっているのでわかる「CTは医療費がむちゃくちゃ高いのだ」しかしそんなことは言っていられない。点滴と反対側に「造影剤」の注射針が打たれた。両手を注射で塞がれた恰好だ。

待つこと20分、外科の医師より「CTでは異常ありません、とりあえず血液検査では反応が出ていますので何かありましたら必ず来てください」そういわれて点滴が外された。

そうはいっても入院ができないのだ。私の物理的問題、そして病院も空きベッドがないとのこと。ベッドがなければ手術はできない。移送先を探されるだけだ。今回は入院は免れた。

月曜13時、すべてが終わった。そして大きな不安が残った。万が一の場合の顧客対応、これからの自分、そして莫大な医療費。CTの点数は3942点である。つまり自由診療なら4万円になってしまうのだ。点滴が2300円からみても如何に高いかがわかる。保険診療で総額1万8千円の出費である。入院をすれば医療保険がもらえるのであるが今回はできなかった。しかし保険金をもらわないほうが良かったと思うだろう。

もし保険の仕事をしていなければきっと痛みにひたすら耐え続けていただろう。そして気を失っていたかもしれない。医療費と自分を天秤にかけてきっと医療費を取っただろう。

blogでめったにセールスはしないが、医療保険のありがたみを知ることができた。受け取れなかった自分がいるが、入院に躊躇しない判断ができるのは保険のお陰だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.11.06

さらば ウォーターシュート

いつもの悪い癖だが、ある本や講演会に出ると「興味を持って深く掘り下げたい」というマニアの虫が体の中を走り、結局あれこれと文献を買ったり、Netで調べてあげくは「区民大学」という流れになる。

プロ野球の歴史などは典型で、とあるNetで「黒い霧事件」を見つけ、それを調べているうちに西鉄ライオンズの歴史が知りたくなり、それから身売り先の「福岡野球KK」を知りたくなって、最後は坂井保之氏の講演会を行ったという流れ。自分にとっては一つの興味であそこまで大きく膨らませされたのは嬉しいし、本を売ってもらえた古本屋さんや坂井先生には大変感謝している。

今、その虫がうずくのが「遊園地と遊具の歴史」で、きっかけは2001年に新宿区の歴史博物館で行われた「特急電車と沿線風景」という展示会、特別講演があり鉄道趣味界では知らない人がいない吉川文夫氏がたいへん面白い講演をなさった。その講演内で「日本の行楽は私鉄が影響しているものも多い」という流れで、遊園地の歴史を紐解き、始祖は花見や噴水、入浴などがそれに入ったようだ。

このblogでも紹介した「船橋ヘルスセンター」などはそんな大正から昭和にかけての行楽の大殿堂のような存在で、見に行きここに書いたほどだ。

ここでやっとタイトルになるが、かつて遊園地にはウォーターシュートという施設があった。今で言うTDLの「スプラッシュマウンテン」の最後の滝の落下部分だけをやるそうな設備で、この記事を書いている時点ではまだ日本に現存している。八景島シーパラダイスにある。
しかし今日を持って廃止になるようだ。

私が乗ったウォーターシュートは西武園遊園地で、池のたもとにあった。しかし私は絶叫系が苦手なものだからこの1回のみ、結構スリリングである。しかし傍で見てれば単なる舟の落下であるからアトラクション的には現在では古臭い存在だろう。

しかしこれは先頭に乗る船頭のアクションにウリがある。西武園では着水時に飛ぶだけだったが、他では爆転するなんて場所もあったようだ。「魅せる」という点ではこれに勝るものはなかなかないだろう。

まだ残っていたということさえ知らなかった。もう消えてしまった遊具とばかり思っていた。しかしその最終日に立ち会えないというのは大変残念だ。

PS:レールの上を走るということで広義の「鉄道」のカテゴリにしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

特撮

リンクさせていただいている「アイコのひとこえ。」にあった「特撮バトン」を一方的に受け取らせていただきました。40代の意見としてご笑覧ください>アイコさま

●最初に観たと思われる特撮番組は?

『ウルトラマン』

はっきりとした記憶はありません。ウルトラQも見たはず。
キャプテンウルトラからは確実な記憶。

●死ぬまでに観たい特撮番組は?

『レインボーマン』

と、いってもDVD出てるし、見ようと思えばいつでもOK。
差別用語大連発でもはやCS以外では出せそうにもありません。
「この薬でタケシはキ○○イになるぞ」 流せません。
この番組があるカルト集団の行動の参考になったとか。
ヤマトタケシの親父さんはクイズグランプリの司会「小泉博」さんだったよう敵組織のMr.Kは後にぴったしカンカンの名優になる平田昭彦さんだったのはぴったしカンカンをみていてもわからなかったです。

『マッハバロン』
前作「レッドバロン」はうけたけど、これは良くなかった。
水戸黄門の息子「東野英心」(あばれはっちゃくの親父)が出てました。日テレの特撮はもう一歩の感。

『キカイダー01』
キカイダーではなく、01です。01は視聴率がふるわなかったせいか
路線変更が多く、思えばこれが逆に締まって良かったです。第一部のハカイダー編、第二部 幽霊ロボット編、第三部 ビジンダー編 第四部 ワルダー編とそれぞれ個性的。なおここでも「キ○○イバト」というロボットが出てきてタイトルだけでスリーアウトチェンジの大技が出る。

『星獣戦隊ギンガマン』
戦隊モノは後ほどと思いますが、とりあえずエントリーする筆頭はこれ。
まぁ考えられた構成で文句なしの傑作ですね。心理描写はさすが小林靖子女史ならではです。敵のいがみ合いや作戦の整合性なども全く違和感なし。

『仮面ライダー龍騎
ライダー初の漢字モノとか言われたり、撮影はフィルムを逆にするという演者泣かせ(インタビューで「頭がおかしくなる」と答えていた)とはうらはらの完成品。ライダーの個性がよく出ていて、今VTRを見ても面白い。ちなみに平成ライダーでこれを越える作品はまだ見ていない。

●戦隊の中で自分を例えると何色?

イエロー。
太っているから。以上。

●恋人にしたいヒーローorヒロインは?

タイムピンク
以上!

他だとゴーピンク、デカイエロー、ハリケンブルーかな
敵も可なら
クウガの薔薇のお姉さん(七森美江ポリス)かフラビージョ、ターボレンジャーの
月影小夜子

●結婚したいヒーローorヒロインは?

妻帯者なのでなし。

●好きな特撮番組を5本あげて下さい。

『ギンガマン』
僅差
『タイムレンジャー』
僅差
『仮面ライダー龍騎』
1馬身
『ジェットマン』
1馬身
『仮面ライダー アギト』

あまり通向けを書いてもしかたないので

●好きなヒーローorヒロインを5人あげて下さい。

ヒロインは切ります

ギンガブルー
タイムレッド
津上翔一(アギト)
ズバット
イチロー

●好きな特撮ソングは?

『太陽戦隊サンバルカン』
アイコさんと同様。戦隊モノでは究極の一作

『仮面ライダー龍騎』
やっぱこれですかねー。OPのギターの泣きはなかなか

『死ね死ね団の歌』
言うことなし。

●お疲れ様でした。次に回す人、数名ご指名どうぞ。

鉄道仲間は「アニメ」専門みたいです

追伸:アニメならコンバトラーVの南原ちづるが好きですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005.11.04

埼玉 意外な地場産業

埼玉県の名物はと聞かれ即座に出るのは「草加せんべい」しかし、次が続かない。ちょっと考えて「狭山茶」、もうギブアップである。
調べれば「羽生のうどん」「東松山のやきとり」「秩父のそば」と粉食が多い、また川島町は関東の米どころとして意外な人気でもある。
思えば、そばなら信州、うどんは讃岐や稲庭、お茶は静岡とさらに有名な地区が存在しているのでどうしても二番手に収まってしまうようにも思える。

私は発見した、埼玉の名物。これは「ファミレス」だ!

ファミレス、その出自は多摩地区に拠点を持つ「ひばり食品」が甲州街道沿いに初めて出店したようだ。そのころから業界の統廃合、新規事業に撤退と出入りの激しい業態であるが大手といえば「デニーズ」「すかいらーくG」「ロイヤル」だろう。
デニーズはセブン&iホールディングという流通系の一事業部、すかいらーくはファミレス専業、ロイヤルは元々空港の供食と様々な出身である。

本題。埼玉にはユニークなファミレスの本社が二店もある。
一つは「馬車道」になる。熊谷を本社に置くスパゲティのファミレスを中心としている会社で大正ロマンのコスチュームで他社との差別化を図っている。
もう一つは「どん」、先ごろダイエー系列の「フォルクス」を傘下におさめるという積極的な展開で、鶴ヶ島を本社に置くステーキ・ハンバーグを中心とした事業展開である。

両者とも特筆すべきところは「安価で量が多く、お代わりなどの対応が顧客向け」という大盤振る舞いの会社で、私のような貧乏自営には非常に助かる。また埼玉という土地ゆえ、駐車場完全完備という点も大変特筆できる。

なぜ埼玉にこのようなユニークな会社が複数存在するのかはわからないが、車が中心の埼玉はファミレスがはやる土壌はあったようにも思える。

ファミレスはもう一つ岡山がユニークだが、それは項を改める。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »