« お姉さんはツライよ | トップページ | 電車賃をかけても行く場所 »

2005.07.11

野望達成、まもなく

東急の話を続ける

メトロの原型は東京地下鉄道と東京高速鉄道であることは有名だが、東京高速鉄道は東急の祖、五島慶太氏の関連企業で東京地下鉄道の乗っ取り工作をしたとも聞いている。新橋の駅が通常とは異なっているのはこのことが原因らしい。(詳しい記述はここに)

東急(東横)が東京の私鉄を次々と買収していったことはファンには有名で、西武と東武以外はあらかた東急になってしまったということもあった。終戦後、おのおの独立していった。

東急は相互乗り入れの道を選んだ。中目黒から日比谷線に入るということである。20mを推す2社に対して自社の18mを譲らず18mで建設された。営団としては本格的乗り入れの歴史の第1ページが開いた。半蔵門線の免許を渋谷以西獲得して半蔵門線にも乗り入れ田園都市線を立派な通勤路線に変えた。

東急の転機は南北線と都心線(現目黒線)の建設が本格的になった時だ。ここで南北、都営三田を乗り入れ先として手に入れ、銀座・丸の内・大江戸と物理的に乗り入れ不可能の路線を外せば4線に足を伸ばした。そして現在建設中の13号線にも東横線の優等を乗り入れる計画が出た。新宿3丁目までの乗り入れも積極的に行うようだ。

かつて買収で東京を席巻した東急が今度は乗り入れで東京を走り回る。13号線のルートは渋谷、新宿、池袋というターミナルである。加えて従来からの乗り入れで上野も永田町も大手町も霞ヶ関も押さえた。友情乗り入れで南栗橋に加え飯能や川越市もその範疇に入るはずだ。

残るは千葉だけだろう。メトロの工夫で意外な渡り線活用が出るかも知れない。そのときも東急は躊躇せず新しいアイデアに乗ってくるだろう。

東急の野望達成はもう目の前だ。

|

« お姉さんはツライよ | トップページ | 電車賃をかけても行く場所 »

コメント

SATO殿、ご無沙汰しております。
記事に東急の買収を書かれておりましが、正確には戦時下の『陸上交通事業調整法』により”合併”をいう表現のほうが良いと思います。
あと、おっしゃるように【千葉】を残すのみですね。メトロを仲介にして。

投稿: きくしん | 2005.07.13 16:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14942/4932515

この記事へのトラックバック一覧です: 野望達成、まもなく:

« お姉さんはツライよ | トップページ | 電車賃をかけても行く場所 »