« 野望達成、まもなく | トップページ | じゃ パンダで »

2005.07.18

電車賃をかけても行く場所

JR東日本、それも東京近郊の立ち食いそばはNREのあじさいもしくはあずみに統一されつつあり面白みが半減した。
しかしまだ頑張る立ち食いそば業者もあり、品川の常盤軒や上野の喜多、そして今回訪問した我孫子の弥生軒がある。千葉は「京葉そば」という立ち食いがあじさい氾濫の前には存在していた。残念ながら味はもう一歩だった記憶がある(それゆえ食べることは少なかった)

不勉強で弥生軒に関してはnetで知ることとなり、今日初訪問をしてみた。

duo_0230003
普通の立ち食いのように見えるが、ここは全国でも珍しい「から揚げそば」というものが存在している。
duo_0240004
ご覧の通り、から揚げの大きさが半端ではない。これが2つ乗ってたったの380円である。あじさいで380円のメニューを調べてみると かき揚げそばで360円、冷やしきつねが380円だ。ここを見れば差は歴然だ。

私が感心したのはから揚げやちくわなどを1つからばら売りすることである。この大きさならから揚げは1つでも十分だし、から揚げ+ちくわという楽しみもできる。

お店のおばさんもマニュアル無縁の優しい対応、昔はこういうやりとりから常連が生まれていったんだなと感慨にふけった。

電車賃をかけてでも立ち寄るべきお店だ。これからは月に1回は食べに行こうと思う。

|

« 野望達成、まもなく | トップページ | じゃ パンダで »

コメント

satoさん、こんばんは。
にしんそばがあるのは常盤軒でしたっけ?
あの甘めの味付けが微妙にそばとマッチしていた記憶があります。
牛久に親戚がいますので、今度我孫子でから揚げそばを食べてみたくなりました。
初めて知りましたよ。
情報ありがとうございます。
常磐線もつくばエキスプレスの影響か、車両を入れ替えや宣伝までして顧客確保に必死ですね。
もう少し早めに動けばもっと良かったのに・・・。

投稿: 五穀豊穣 | 2005.07.20 00:56

高校の最寄り駅がこの我孫子でした。
そのうち帰りに駅そばを食べよう、と同級生と言い合っていたものの、結局在学中に果たせずに卒業してしまいました。
思えば当時は趣味活動もしていない「普通の女子高生」だったので(ホンマかいな?)、立ち食いそばに行くことが恥ずかしかったんですよね。現在の自分のキャラクターと比較すると笑っちゃいますが。

学校帰りのホームで、停車中の急行列車や晩年の旧型客車を見ることができた、いい時代の話です。
山下清画伯の掛け紙で有名だったお弁当も当時は健在でした。

投稿: ダイヤグラム | 2005.07.21 00:57

いつもお世話になります
五穀豊穣さん>すでに食べられたとのこと。常磐線も車の入れ替えで朝の415はすっかり減ってしまいました。しかし415、103、203、207、209、E231、501、E531とこれだけ多種を見られるのも特徴、京葉線と並ぶ車両好きには答えられない路線です。

ダイヤさん>
晩年の客車を見ながら食べてみたかったです。私は仙台に親戚がいますので急行全盛期はあえて変化の多い常磐線で帰りました。今で言う「逆ナンパ」などもされましたが東北線とはまた違った印象でよかったです。

投稿: SATO | 2005.09.18 19:52

Blog楽しませていただきました。
私はe-アフィリというアフィリエイトサイトを運営しています。
宜しければこちらのサイトで当アフィリエイトに参加してみませんか?
1登録@1000円の成果報酬が簡単な登録で、今すぐ開始可能です。
ご興味があれば是非サイトをご覧下さいませ。

↓詳細は↓
http://e-af.net/?coha

投稿: e-アフィリ | 2006.08.27 14:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14942/5029002

この記事へのトラックバック一覧です: 電車賃をかけても行く場所:

» ★携帯発★弥生軒「唐揚げそば」 [社会人奮闘日誌]
SATOさん、こんばんは。 ようやく念願かなって、今日、唐揚げそばを食べてきました。 いや〜大きいですね、唐揚げが!! 美味でした。情報ありがとうございます。 [続きを読む]

受信: 2005.09.17 21:13

» 津田沼駅 [マンボな毎日]
途中津田沼駅で乗換え。 以前待ち合わせでよく使った”京葉そば”は既に無く あじさいが繁殖していました。 残念。 [続きを読む]

受信: 2005.10.08 21:31

« 野望達成、まもなく | トップページ | じゃ パンダで »