« 今、語る 俺の模型時代(後編) | トップページ | 野望達成、まもなく »

2005.07.09

お姉さんはツライよ

東急では「伊豆のなつ号」という臨時急行を7月一杯の土日に走らせるようだ。(リリース

このところ多忙で全く鉄道趣味ができず、悶々としていたが、久しぶりに出かけてみた。
タッチの差で渋谷発12:37の元町・中華街行き急行は仕留められなかったが、同行の志によれば「ものすごい人でしたよ。女性車掌目当てもいたし」とのこと。

東横線沿線には撮影の名所というものがあり、例えば自由が丘の横浜よりは全景が綺麗に写るので有名、複々線になった多摩川の渋谷よりは併走までバッチリ写るとファンが鈴なりになる箇所。このあたりも同業者満載状態だったようだ。

さて、撮り損ねた私は戻り便を撮影することとしてまずは横浜方面に向かってみた。どうやら「急行 元町・中華街」が人気だったのか、光線の関係かで名所と呼ばれる場所にはもう人は減っていた。よって多摩川で撮影をすることにした。

無事撮影も終了、お目当ての電車に乗ったのだが、そこではやはりというかあの事件がおきた。

          セルフの一発

新線開業、臨時電車などが走ると必ずこういう類の人間が乗ってくる。奇声をあげる輩、意味不明のことをつぶやく輩と鉄趣味が不気味と言われる原因の一つだ。
今日はミス**がプレゼンターとして乗ってきたが、しきりと伊豆急の自慢話をしていた。あげくは車内で記念写真を撮ってくれと、かつて「とんねるずのみなさんのお陰です」に出てきた「ノリユキ」のようなことを言っていた。偶然だがそのミス**の横に座ったのだが
「??? 何だよね? 困るよ全く」「本当に***」と横の女性とひそひそ話。そりゃ困るでしょう。どうやら道中延々とからまれていたらしい。

渋谷でやっと開放され、本来のお仕事についていた。こちらでは満面の笑顔、一仕事前のきつーい一発。お姉さんご苦労様。
 

|

« 今、語る 俺の模型時代(後編) | トップページ | 野望達成、まもなく »

コメント

 ご無沙汰しております。SATOさんが乗り損ねた12:37の急行に渋谷から日吉まで、息子とその友人の保護者として(笑)乗っておりました。最後部車両と言うこともあってか、沿線各地同様、車内もご多分に漏れず「○○見本市」状態でありました。
 まあ乗ってしまえば単なる「ゆっくり走る急行」な訳ですが、それでもオネエサンによる「伊豆急に乗って伊豆に遊びに来てください」案内放送やら、パンフレット配布やら記念パスネット車内販売!やら、それなりにイベント列車らしい雰囲気でもありました。パンフレット配布は異様な雰囲気漂う編成最後部を避け?、車両の中程から前に向かって配布していたのは当を得た措置と言えるのではないか、と思った次第です(^^;。

投稿: はっとり | 2005.07.10 23:35

こちらこそご無沙汰しております。
車内ではパスネットも売られてはいたのですが、これはさほど出ていなかったようです。小田急の臨時「箱根、江ノ島号」ではパスネットが飛ぶように売れていたのですがこれも路線での差があるのでしょうか。

投稿: SATO | 2005.07.11 22:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14942/4894806

この記事へのトラックバック一覧です: お姉さんはツライよ:

« 今、語る 俺の模型時代(後編) | トップページ | 野望達成、まもなく »