« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005.07.31

人事異動を経験した電車

某球団では前任の監督を更迭した際「人事異動だ」とのたまわった人がいた。後任者も実績が出せずどうやら本当に人事異動となり復帰する芽も出てきた。

電車ではこういう理不尽な人事異動はないが、想定外の移動がありもとの職場に落ち着いたものもある。

tk8594k
このblogで数度紹介した東急の8590系、その中でも8594と8595は人事移動を経験している。そもそも8590自体が計画変更から登場した形式で、そのあおりを食って人事異動ならぬ出向になってしまった車両さえいた。

東急は車両の軽量化をはかり8090系を東横線に投入し急行運用に当てた。ところがMM21計画が持ち上がり先頭非貫通車を東横線に配置することができなくなり、急遽8080の先頭車に貫通車を用意し、かつモーターを搭載した形式を用意しなければならなくなった。これが8590になる。8080は東横線急行運用を終え、今は大井町線の配属になっている。

MM21計画対応にも関わらずなぜ田園都市線にやってきたか。これは東横線のATC化ならびに田園都市線の既存車両改造というタイミングがあったからだ。東横線ではATCになり運用数が減った。加えて元住吉の車庫が手狭になり車両が置けない、一方田園都市線は8500系の東武乗り入れ改造のため反対に車両が足りない。そこで貫通路を持つ8590に白羽の矢が立った。ただ暫定の措置だったようで半蔵門線延長準備が進み、東武ATS非搭載の車につけられた○Kのマークがこの電車にも貼り付けられている。8500の改造も無事済み、東横線にも新車導入、8000の廃車などが進み無事元の職場に戻った。
○Kに関してはKaz-Tさんがここで詳しく書いている。

me8101
メトロの8000、それも12~14は当初東西線に配属された。これは既存車だった東西線の5000が非冷房で、当時冷房化を図っていた営団(メトロ)で線区格差が起きないようにと半蔵門線向けの車を東西に投入してその場しのぎをした。後に新設計の05が入りこれらも半蔵門線に帰っていった。人事異動というよりは仮配属と言ったほうが良いだろうか。

普通、車両はその線区に合わせて車両設計をするのでJRを除けば移動は少ない。もちろん大阪市や西武のように線路がつながり比較的移動がたやすいもの、東武のように移動が定期事例のようになっているものもあるが上で紹介した例はそれとはちょっと異なる。

まったく想定外の転属、車両はどんな気分だったのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.07.19

じゃ パンダで

1980年代は携帯もなく、ポケベルはビジネスマンのツールだった。だから学生の待ち合わせは一定の場所というのがあった。

東京駅には銀の鈴という待ち合わせ場所がわざわざ用意されていた。ここで待ち合わせをするお客さんは多かったようだ。

新宿は「アルプス広場」というのが連絡通路にあった。あずさの乗り場の前である。しかしここは国鉄以外は使えない。

一般の人は「西口交番」を多用した。私もお付き合いした女性との最初のデートの待ち合わせはここだった。説明が簡単なのが良かった。

しかし京王線沿線ユーザーはもっとたやすい待ち合わせ場所があった。「パンダ」だ。
パンダといって通じるのは30代以上だろう。京王西口、改札を出てすぐの売店の前にスタンプを押すパンダのぬいぐるみがあった。京王は他にも同じ位置の天井に大きなうちわや天狗のお面をかざった。高幡不動の参詣の宣伝であったり、高尾山への宣伝のツールだった。京王線がまだ行楽に力を入れていた頃である。パンダは平成になっても残っていたと記憶している。しかし今はなくなってしまった。

それでも友人とは「パンダ」で通じる、昨日も待ち合わせの携帯メールが入った。「パンダにいます」と書いたらきちんとその場所に来てくれた。彼も京王線ユーザーだったからである。他線ユーザーには全く通じない暗号だろう。

東急渋谷にもあったらしい、通称「東急ボード」 東急の案内が張られている場所があったようだ。

携帯全盛となり、こんな暗号も必要なくなったのだが、「パンダ」で通じるのは京王線くらいだろう。他線の思い出話も聞きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.07.18

電車賃をかけても行く場所

JR東日本、それも東京近郊の立ち食いそばはNREのあじさいもしくはあずみに統一されつつあり面白みが半減した。
しかしまだ頑張る立ち食いそば業者もあり、品川の常盤軒や上野の喜多、そして今回訪問した我孫子の弥生軒がある。千葉は「京葉そば」という立ち食いがあじさい氾濫の前には存在していた。残念ながら味はもう一歩だった記憶がある(それゆえ食べることは少なかった)

不勉強で弥生軒に関してはnetで知ることとなり、今日初訪問をしてみた。

duo_0230003
普通の立ち食いのように見えるが、ここは全国でも珍しい「から揚げそば」というものが存在している。
duo_0240004
ご覧の通り、から揚げの大きさが半端ではない。これが2つ乗ってたったの380円である。あじさいで380円のメニューを調べてみると かき揚げそばで360円、冷やしきつねが380円だ。ここを見れば差は歴然だ。

私が感心したのはから揚げやちくわなどを1つからばら売りすることである。この大きさならから揚げは1つでも十分だし、から揚げ+ちくわという楽しみもできる。

お店のおばさんもマニュアル無縁の優しい対応、昔はこういうやりとりから常連が生まれていったんだなと感慨にふけった。

電車賃をかけてでも立ち寄るべきお店だ。これからは月に1回は食べに行こうと思う。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2005.07.11

野望達成、まもなく

東急の話を続ける

メトロの原型は東京地下鉄道と東京高速鉄道であることは有名だが、東京高速鉄道は東急の祖、五島慶太氏の関連企業で東京地下鉄道の乗っ取り工作をしたとも聞いている。新橋の駅が通常とは異なっているのはこのことが原因らしい。(詳しい記述はここに)

東急(東横)が東京の私鉄を次々と買収していったことはファンには有名で、西武と東武以外はあらかた東急になってしまったということもあった。終戦後、おのおの独立していった。

東急は相互乗り入れの道を選んだ。中目黒から日比谷線に入るということである。20mを推す2社に対して自社の18mを譲らず18mで建設された。営団としては本格的乗り入れの歴史の第1ページが開いた。半蔵門線の免許を渋谷以西獲得して半蔵門線にも乗り入れ田園都市線を立派な通勤路線に変えた。

東急の転機は南北線と都心線(現目黒線)の建設が本格的になった時だ。ここで南北、都営三田を乗り入れ先として手に入れ、銀座・丸の内・大江戸と物理的に乗り入れ不可能の路線を外せば4線に足を伸ばした。そして現在建設中の13号線にも東横線の優等を乗り入れる計画が出た。新宿3丁目までの乗り入れも積極的に行うようだ。

かつて買収で東京を席巻した東急が今度は乗り入れで東京を走り回る。13号線のルートは渋谷、新宿、池袋というターミナルである。加えて従来からの乗り入れで上野も永田町も大手町も霞ヶ関も押さえた。友情乗り入れで南栗橋に加え飯能や川越市もその範疇に入るはずだ。

残るは千葉だけだろう。メトロの工夫で意外な渡り線活用が出るかも知れない。そのときも東急は躊躇せず新しいアイデアに乗ってくるだろう。

東急の野望達成はもう目の前だ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.07.09

お姉さんはツライよ

東急では「伊豆のなつ号」という臨時急行を7月一杯の土日に走らせるようだ。(リリース

このところ多忙で全く鉄道趣味ができず、悶々としていたが、久しぶりに出かけてみた。
タッチの差で渋谷発12:37の元町・中華街行き急行は仕留められなかったが、同行の志によれば「ものすごい人でしたよ。女性車掌目当てもいたし」とのこと。

東横線沿線には撮影の名所というものがあり、例えば自由が丘の横浜よりは全景が綺麗に写るので有名、複々線になった多摩川の渋谷よりは併走までバッチリ写るとファンが鈴なりになる箇所。このあたりも同業者満載状態だったようだ。

さて、撮り損ねた私は戻り便を撮影することとしてまずは横浜方面に向かってみた。どうやら「急行 元町・中華街」が人気だったのか、光線の関係かで名所と呼ばれる場所にはもう人は減っていた。よって多摩川で撮影をすることにした。

無事撮影も終了、お目当ての電車に乗ったのだが、そこではやはりというかあの事件がおきた。

          セルフの一発

新線開業、臨時電車などが走ると必ずこういう類の人間が乗ってくる。奇声をあげる輩、意味不明のことをつぶやく輩と鉄趣味が不気味と言われる原因の一つだ。
今日はミス**がプレゼンターとして乗ってきたが、しきりと伊豆急の自慢話をしていた。あげくは車内で記念写真を撮ってくれと、かつて「とんねるずのみなさんのお陰です」に出てきた「ノリユキ」のようなことを言っていた。偶然だがそのミス**の横に座ったのだが
「??? 何だよね? 困るよ全く」「本当に***」と横の女性とひそひそ話。そりゃ困るでしょう。どうやら道中延々とからまれていたらしい。

渋谷でやっと開放され、本来のお仕事についていた。こちらでは満面の笑顔、一仕事前のきつーい一発。お姉さんご苦労様。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »