« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005.06.19

今、語る 俺の模型時代(後編)

中学3年になった、受験がはじまるころだが、私はマイペースでキットを組み立てていた。
レア物という言葉があるが、以前より事業用車とか1両だけの珍車というのが好きで、気動車ファンになったのも「編成の自由度」というのが最大の理由だ。だからキハ58とキハ17をつなげて遊びたいなぁ(当時は鉄道模型社がキットを出していたらしい、カツミがやっと完成品を出した。小高のペーパーキットがあった程度)と常日頃思っていた。
そこに友人の一言「飯田線に行ってみないか? あそこはすごいぞ」
行ってみた。すごかった。気動車から旧型国電に興味の対象を鞍替えした。しかし旧型国電はピノチオがブラスキットを出すのと、カワイの80、70、73、カツミの73とペーパーキットだけで51系や42系は殆どない。図工が5の友人はペーパーキットを見本にどんどん自作していくが、私は相変わらず子供の工作だった。差はもう天地ほどになってしまった。

私が模型に限界を感じたのはこのあたりだ。写真はそれでもまだまともだったし、親父の一眼レフを永久貸与という特権ももらった。模型から写真へと移行した。そして高校進学となった。

ここで決定的なことがおきた。「まわりに鉄道ファンが0」ということである。友人は違う高校に進学、郵便局のバイトにあけくれた。私はというと鉄道趣味からバンドだアイドルだ。と普通の高校生へと変わってしまい。鉄道熱は半減した。でも0にはならなかった。

駄目押しは大学進学、念願の鉄道研究会に入ったのだが、ここがおよそもてない変わり者の巣ということで、模型はおろか鉄道にも嫌悪を抱くという結果に・・・・ 趣味は昭和が終わるまで復活することはなく。模型に至っては未だ復活していない。

TOMOの鉄日誌 では管理人氏が楽しくいきいきと運転会の様子をレポートしている。このblogを読むたびに復帰熱が上がるのだが、踏み切ることはない。

もし図工が5とはいわず4だったら。もし高校にファンが1人でもいたら。違う大学に進学していたら・・・ もしもは許されない。私と模型はもう離れてしまったのである。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005.06.12

今、語る 俺の模型時代(中編)

キハユニ18、1台で開業したお座敷鉄道だったが、転機は意外に早かった。出入りしている模型屋が固定式レイアウトを作るというのだ。その製作をして欲しいと頼まれた。

自慢ではないが音楽の成績は4でも図工は2だった。絵は描けない、工作は満足に完成できない。とおよそ鉄道模型に向かない資質の私に仕事が振って来たが、同期の友人がメキメキと仕事をかたずけるのを尻目にまさに「子供の工作」レベルのストラクチャー作成。当然、没となり私はバラスト確保要員となり、ストラクチャー製作は首になってしまった。生まれて初めて「首」を味わったのである。

模型屋店主も私を哀れに思ったのだろう。バラストの場所を教え、それを篩う作業を与えてくれた。なぜそうまでさせてくれたのか。

固定式レイアウトの永年無料使用権を渡すための仕事をさせたからである。府中にあったその店は大半が大人、高校生、大学生がその半分というメンバー構成のなかで小学生という異例の若さで常連となり、永年使用権を得たのであった。小学生で早くも「居酒屋」を得た感覚だった。

完成したその日から「お座敷」は卒業し、ひたすら車両製造に明け暮れた。ペーパーキットに最初は取り組んだのだが、図工2が災いして完成できず、ブラスキットはなおできずと完成品の購入での増備しかなかった。そうなると単価の安い「貨車」になるのは想像に難くなく、今、貨車好きなのはこのときの原体験である。

そうこうしているうちに「中村精密」という会社からプラの客車キットが出始めた。それも私が好きな10系、小遣いの大半をこれにつぎ込んだ。Nゲージでグリーンマックスがキット販売で伸びに伸びていた時期のことであった。

DD51という立派な牽引機とSLがあまり好きではない私に宮沢模型のC58というSLが加わり、気動車構成だった私の模型鉄道会社は客車と貨車という極めてコストの安い会社に衣替えしたのであった。

もし図工の成績が良かったならばこういう展開はなかっただろう。その理由を次回に書く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.11

今、語る 俺の模型時代(前編)

鉄道模型、今でこそ完全引退であるが、一時は実車以上に趣味であったことがある。

私と鉄道のつながりは親父に聞けば昭和37年、つまり生誕のときからあったらしい。しがない機動隊の隊員であった親父に一人の気の弱い男の子が生まれた。つまり私である。気が弱い、証言によれば何気ないものに異常に反応して泣いたと聞く。
一つは「人形」であったらしい。伯母によれば「アンタは人形を入り口に置いておけばそこから先は絶対行かなかった」と。また夜鳴きがひどく親父を困らせたと聞く。
そんなときはしばらく歩くとある京浜急行の踏切に行ったそうだ。そこに行けば一発で夜鳴きがなくなったと聞いた。もうこの時点で「鉄道趣味」の芽が出ていたようだ。

模型は小学校5年のときにはじめて触れた。それでもプラレールの存在は知っていたし、もちろんあきれるほど持っていた。しかし目の前を走る「ほとんど実車」と変わらない模型が私の脳裏にいっぺんに焼きついた。と同時に販売されていた「鉄道模型趣味」(TMS)のカラーページに一発で参ったのである。中村汪介氏が入っていた「東京スパイククラブ」(TSC)の固定式レイアウトの画像だと思ったが、大滝の周りを走る特急が印象的だった。

それからである。むさぼるように本を買った。小学生の身の上である、鉄道模型は大人の趣味。本は高くなかなか買えないが、それでも「小レイアウトと小型車両」「楽しいレイアウト」「レイアウトテクニック」などを買って慰めていた。

そんな私も友人の後押しがあり、やっと車両を1両とパワーパック、レール20本とサービスのポイント1個で「お座敷レイアウト」デビューができたのであった。

昭和48年10月のことである。キハユニ18(カツミ製)を1両持って飽きるほど線路を往復させたことを今でも忘れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.06

感謝されたこと

久しぶりに記事を書きます。

日々営業です。電話セールス、飛び込み営業、DM送付、得意先回り・・ そういえば電車、乗っていないなぁ・・・・

今日、そんな中感謝された出来事がありました。

電話営業をした相手先のことです。商品に興味を持ってもらえ訪問して面談 「じゃ、必要になったら連絡するよ」

これは断る常套句なんですよ。「あぁ ここもダメだったか」その日は足取りも重く、再び新規営業の電話をするのもおっくうになっていました。

土曜日のことです。「あの品物、まだ残っている? よかったらさ、月曜日に持ってきてよ」ご注文いただけました(^^)

喜び勇んで納品先に出向きました。「おぉ 待ってたよ。今、支払いするからね」と気前良く現金払いで代金をいただきました。

「ありがとうございました」 深々とお辞儀をしたら 「こっちこそありがとう。助かったよ。感謝するよ」とお礼の言葉をいただけました。

電話で突然の営業、それでも怒らずに取引をしてもらえ感謝の言葉までもらえるとは・・

これがセールスマンの醍醐味なんだな。そんな発見の一日でした。明日は電車、見れるでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »