« お茶バトル~勝ち組、負け組、悩み組 | トップページ | 真打の底力 大宮エキュートに賭けるJRE »

2005.03.15

飯田線~流電のあった風景

クモハ52に熱中した。とにかく撮影できる時代に間に合ったのが嬉しかった。過去の編成をみると1両目が広窓、4両目が狭窓という編成で組まれたこともあったが、私が通った1978年当時は粋な編成だった。
001,002の狭窓にはサハ48をわざわざ挟んで狭窓に統一(ちなみに1次流電のサハは岡山で末期を過ごしたサハ58にサロハはクハ47151として流電とともに飯田線に残った)広窓には横須賀線のサロを改造したサハ75やなぜか紛れ込んだサハ87を挟んで統一性も持たせている。
当時の編成はこうなっている
52002-48024-48021-52001
52005-75102-87001-52003
52004-48034-75100-54119
では紹介しよう
FH0300070002
これは狭窓編成になる。場所は東上ー野田城の田んぼだった気もするが・・52001になる

FH0300130003
上と同じ位置。2両目がサハ87だから52003と思われる

FH0300260004
これは今でも有名な撮影地だろう。鳥居の駅のすぐそばである。2両目にご注目。広窓のサハだから52004になる。ちなみにサハは「合いの子」のサハ

FH0300310005
2枚目の反対側になる。52005である

FH0200110001
最後はオマケ。「合いの子」のクモハ53008である。この008は張り上げ屋根を一般の屋根に改造されてしまったもの。007もいたがこれは張り上げのまま残った。伊那市のようだ

流電シリーズをもう少し続けるつもり。よかったらリクエストください。なるべく答えるようにします。

|

« お茶バトル~勝ち組、負け組、悩み組 | トップページ | 真打の底力 大宮エキュートに賭けるJRE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14942/3313165

この記事へのトラックバック一覧です: 飯田線~流電のあった風景:

« お茶バトル~勝ち組、負け組、悩み組 | トップページ | 真打の底力 大宮エキュートに賭けるJRE »