« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005.02.26

大変だ! 談話室滝沢が完全閉店に

談話室滝沢 出版社の編集担当でこの喫茶店を知らない人間はいない。私が勤めていた会社でも経費削減のために滝沢での打ち合わせは控えようという呼びかけに体を張って阻止したという冗談みたいな話が残る名喫茶店が3/31を持って全店閉店するようだ。
この滝沢、コーヒーはまずいしとにかく高い。普通の感覚からしたら「何で?」と思うようなお店がこれだけ愛されているか。
それはひとえに「居心地の良さ」を絶対視しているからである。鉄道で言えば間違いなく「グリーン車」それもサロ110のような懐かしさを覚える雰囲気である。
店員も某スタ○のようなマニュアルを意識したオペレーションではなく手作り。控えめでそうかといってお客を無視しない。バーのマスター、旅館の仲居のようなイメージである。殺伐した世の中、ゴテゴテとした世の中から完全に逸脱したスローライフの喫茶店、それが滝沢である。

名店が採算割れで撤退するように、バーガーキングがマックの低価格攻勢に敗北して去ったように、滝沢も昨今の利用者心理、加えて店員の質的な確保が厳しくなったようで止む無く撤退を決意したとも書かれている。


私がこの店をはじめて使ったのが会社に入社した1985年であった。やたら高い料金設定でも何度も通わせてもらったのはひとえにその居心地の良さであった。大昔にはここでお見合いもやったと聞いている。人に自信を持って勧められるお店であった。

地元池袋にはまだある。こうなったら名残惜しさも含めて通って通って通い詰めてやる。昭和がまた消える。どうして昭和はこんなに弱いのだろう。

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2005.02.13

ただいま

ボランティア関係のセミナーに出ています。ただいまblogの作成講習会をやっています。
自分自身はblog作成経験があるので自分の現在製作中のものを加工することにしました。
調布の市民活動センターで作成しています。

今回は鉄道ネタではなくてすいません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.02.02

C&C名古屋へ

レストラン京王が運営しているカレーショップC&C、以前にもここでこのことを書きましたが、このC&Cがついに名古屋へ進出することになりました。

http://enjoy.centrair.jp/shop-list/086/index.html に載っているように 中部国際空港(セントレア)の2Fにできます。

C&Cは電鉄会社が営業するカレー屋では異色の「多店舗展開」をしたり、知名度が高かったり(JR東がレベッカというお店を出しているが何人の人が知っているか?)と鉄道ファンにはもちろん愛されているのではあるが、それ以外にも愛されているお店である。

名古屋といえば一宮の「coco壱番屋」が有名であるが、こちらは早々に東京進出、今度は東京の雄C&Cがお膝元に殴りこみです。

名古屋の方、どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »