« もしも 昨日が・・・・ | トップページ | 出世した車両 »

2005.01.14

韓国のケーブルカー

ケーブルカーといえば東京近郊だと高尾山を思い出す人が多いと思う。電車に似た車両を鋼索で引っ張ってもらって上がったり降りたりの繰り返しで車両そのものも斜めに設計してあるという代物。鉄道趣味もこのあたりまで来るといよいよマニアから達人の領域に入ってきて、もう残っているのは「リフト」「ロープウエイ」だけ。さらに延長戦をお望みなら「エレベーター」と「エスカレーター」「動く歩道」あたりになってくる。もうこのあたりだと鉄道(車両)というよりは「搬器」ということで要は「動けば何でも良い」という世界だ。知人でこの領域まで行った人を知っているが、もはや私には付いていけない。

さて韓国もケーブルカーがある。ソウル市内の南山に昇るものであるが、てっきり上記の高尾山型かと思ったら「ロープウエイ」だった。

画像を出すと
kr1

kr2

kr3

リフトのように連続で来るものかと思ったら意外にも箱はこの1つだけである。これが上がったり降りたりなのだが、平日のお昼に行ったところ待ち客0、誰も乗っていない。係員も暇そうだった。実利主義の韓国ではあまり好まれないのであろうか? 夜になるとまた違う顔を見せるのだろうか。

索道といえばこの方、ご自分のblogではあまり紹介していないようですが、この方によって私は索道趣味というものを知ったほどです。

|

« もしも 昨日が・・・・ | トップページ | 出世した車両 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14942/2568389

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国のケーブルカー:

» ケーブルカーでらくらく [高尾天狗の山歩記(やまあるき)]
ケーブルカーは、山の斜面など急勾配の線路を登るために車両にケーブルを接続し、車両をケーブルで引き上げる鉄道です。車両は、横から見ると平行四辺形、車内も駅のプラッ... [続きを読む]

受信: 2005.01.16 16:32

« もしも 昨日が・・・・ | トップページ | 出世した車両 »