« JRは私鉄です2 JR同志でも精算運転はある | トップページ | 2つのさよなら ~名車に送る鎮魂歌 »

2004.11.14

紅白電車 参上

京王に新しい車両が登場した。といっても改造車ではあるが、デワ600である。
dewa1.jpg

6000系を改造した電動貨車になる。塗り分けがものすごい。

おのおのの先頭車を見てみる
dewa2.jpg
デワ631

dewa3.jpg
デワ601

この車両、もとを正せば6007Fであった。先ごろ9000系の最新編成が入線したので入れ替わりに廃車となった。
京王の最近の傾向からすると9000が入ると代わりに6000が廃車となるという流れだが、今までは6030(地下乗り入れ車)が廃車となった。しかし今回は地上車の7Fが廃車となった。

この6007Fというのは数奇な運命である。大元は6000系6連の7番目として落成した。私ももちろん乗っている。その後京王が8連化を進めることになり、直前の6Fまでが編成を分断されて3+5となり分割特急になった。一方7Fから9Fまでの仲間は地下鉄乗り入れの種車となった。この段階で6000系は以下のようになった。

1~6 5+3の分割
7~9 6030
10~12 8連

しかしこの後なぜか変な編成が落成した。13Fである。京王は当初分割クーラーを先頭車、集中クーラーを中間車にという製作方針だったがこの13Fは分割編成で全部集中という変わり者だった。と同時に「最初から分割として落成した唯一の編成」であった。

6813.jpg
13時代のクハ デワではこの車両は改造されて運転台部分しか残っていない

この13が後に7と改番をされたのだ。大元の7は31と改番されて2年前に廃車となってしまった。

そして今回2回目の改番である。事業用車として生き残った13F、これと入れ替わるように5000系のデワが用途廃止で車籍を終える。今日がその最後の晴れ舞台である。

画像提供:ちはちょる氏

|

« JRは私鉄です2 JR同志でも精算運転はある | トップページ | 2つのさよなら ~名車に送る鎮魂歌 »

コメント

何ともすごい塗り分けですね。国鉄時代、前面警戒色として、EF59とかに黄色と黒の塗り分けがあった気がしますが、それより過激ですね。

京王は詳しくないですが、6000系って、1M方式なのですか。写真を見ると三両編成のようなので。

Primera

投稿: primera | 2004.11.14 17:05

トラックバックいただきまして、ありがとうございます。
さて、登場した新しい事業用車ですが、派手といいますか紅白なだけにおめでたい外観に思えます。走るのは主に深夜になるかと思うのですが、暗闇の中でしたらかなり目立つことでしょう。

さて今日、これと入れ替わりに廃車となるデワ5125Fの撮影会に行ってきました。早速こちらの記事にトラックバックを送りました。

投稿: Kaz-T | 2004.11.14 21:38

SATOさん、こんばんは。

この2種類の列車を見ると、太陽にほえろで長さんが振り向いているシーンが思い出されました。

太陽にほえろは何故か京王線が多く登場しており、どうもサブリミナル効果らしいです(笑)。

駅員バイトをしていた時の友達が京王に今勤めていますが、京王自身、京王は最強の素人集団だ、と言い張っているようです。
奥深いところまでは分かりませんが、それだけ聞いても何か分かるようなそんな気がしました・・・。

投稿: 五穀豊穣 | 2004.11.16 22:13

>primeraさん
京王は基本的に2M車なんですが、1M車も編成の中にいます。この場合は601が1M車です。621と631は6707時代もユニットで活躍していました。
>Kaz-Tさん
新デワの特徴は「新線に入れること」なんです。かつて5000時代のデワでは線路封鎖をして入れたようです。古い京王の写真はたくさんあるのでまた紹介します。
>五穀豊穣さん
石原プロは調布にあったと思います。日活が調布の染地(駅で言うと国領か京王多摩川)でしたからその関係かもしれません。京王線沿線には芸能プロダクションも多いです。三船プロは仙川です。スクールウオーズなどを撮影した大映テレビは中河原にあります。

投稿: SATO | 2004.11.27 22:21

こんにちは。twinsです。初めてコメントさせていただきます。
デワ601、とうとう6000系が事業用に改造される時代になってしまいましたね。
私などは京王と言えば6000系の世代ですから。
しかし、新造車ならともかく、全国的に見てチョッパ車改造の事業用車両は、初めてのケースではないですか? 他に思い当たりませんが…

投稿: twins | 2004.12.21 09:59

twinsさん ようこそおいでくださいました。プロの方に来ていただけるとは光栄です。
私は京王線沿線が長かったので6000系は「新車」という感覚です。やはり5000が代表車種と思えます。
このところ事業用車というのは新造が多いですね。東急のサヤや小田急のクヤなど、京王は改造を出してきましたが本当に異例ですね。
VVVF改造だと先日落成したJR西の事業用車があるようですね。
これからもよろしくお願いします。

投稿: SATO | 2004.12.25 09:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14942/1957335

この記事へのトラックバック一覧です: 紅白電車 参上:

» さよなら 京王帝都電鉄5000系の残党 [Kaz-Tの鉄道趣味で今日も行く]
今日は、京王相模原線若葉台の車両基地で「メモリアル5000系撮影会」が開催されま [続きを読む]

受信: 2004.11.14 21:33

« JRは私鉄です2 JR同志でも精算運転はある | トップページ | 2つのさよなら ~名車に送る鎮魂歌 »