« 秋の珍事 精算運転 | トップページ | JRは私鉄です2 JR同志でも精算運転はある »

2004.11.07

JRは私鉄です1 支社での違い

JRと書かれるように旧国鉄のJR(**旅客鉄道)は一般の私鉄とは扱いが違っている。確かに平成元年あたりはまだまだアイデアが単発で長期的展望も見えず「公務員が無理しちゃって」という感じではあったが、最近は私鉄のリーダーとしての風格さえ感じるようになった。
そんなところをマニアックに調べてみよう。

まずはおさらい。国鉄は日本で統一となってはいたが実際は「鉄道管理局」という地域別支社のような区分けがなされていた。JR-Eならば大きなものは東京鉄道管理局、あまりにでかすぎるので西、北、南と3分割をしたほどだ。他には水戸や長野、仙台、盛岡、秋田などがあった。また配属も原則は車庫のある位置であったので山手線などは2つに別れた。品川所属は「南シナ」 池袋所属は「北イケ」であった。京浜東北も面白く南浦和は「北ウラ」 東十条(下十条)は「北モセ」 蒲田は「南カマ」と記載が3つもあった。

JRになると管理局制度はなくなり当初は「支社」と「支店」という取ってつけたような名称になった。しかし支店っていうのもねぇ・・ 東京の3つも統一されて東となった。このあたりで会社間の感覚がずれてきて東海は本社系列が海、唯一の支社静岡が静だが当初は海だった。国鉄時代は静なので先祖がえりになった。また亀山などは元々は大阪の天王寺鉄道管理局だったのでここは悲劇の分断をされてしまったのである。

さて、時代が少し流れてJR東も地域密着をセールスポイントにしはじめた。と同時に鉄道管理局時代には考えられない支社分割が行われたのである。八王子、横浜、大宮の支社分割だ。

231oyama.jpg
大宮支社 小山電車区の車両(E231)
113kotu.jpg
横浜支社 国府津電車区の車両(113)

さてあることに気が付いた。それは「弱冷房車のステッカー位置」である。もともと本社には編入されなかった水戸支社は以下のようだ。

415mito.jpg
水戸支社 勝田電車区の車両(415)
415jyakurei.jpg
弱冷はドア横のステッカー

ところが他の支社や本社はこう
211jyakurei.jpg
高崎支社 高崎電車区の211
211jyakurei2.jpg
ちょっと形は違うけど本社のエリート電車区 田町電車区の211

とドア上である。千葉支社も水戸に倣っているようだ。こう見てみると「ある程度仕様は支社に任せる」というスタイルを取り始めたのではないだろうか。国府津や小山はもともとが本社管轄、が、水戸や千葉は最初から支社ということで独自の文化があったのかもしれない。仙台のほうに行くと駅名標も変わっている。そのあたりも機会があれば紹介したい。
次回は「JRとで他社との精算運転はある」というお題で書いてみる。

|

« 秋の珍事 精算運転 | トップページ | JRは私鉄です2 JR同志でも精算運転はある »

コメント

ちょっと話題がずれるかも知れませんが、最近、電車区の統合が多くありませんか。まあ合理化の一環なのでしょうが。

僕の近所では中野電車区、武蔵小金井電車区。もちろん車庫自体がなくなったわけではありませんが、車体の表記をみるとちょっと悲しくなります。

Primera

投稿: primera | 2004.11.07 23:40

 支社での違い、Suica導入前に盛んに発売されていたイオカードも支社によってデザインが異なっていました。千葉はともかく、東京から分離した横浜・八王子の各支社でもそのような傾向が見られました。今ではSuicaが全盛となり従来のイオカードは発売こそしているようですが、かつてほどのバリエーションはありません。
 この他にも、まだ支社によって違いがあるように思います。自分も機会がありましたときは、観察してみます。

 

投稿: Kaz-T | 2004.11.07 23:47

SATOさん、こんばんは。

鉄道から少し外れますが、自分の会社でも工場の特徴というのを、良くも悪くも大事にする傾向があります。
昔は意志決定の迅速さが求められる訳でもなく、そのオリジナリティに輝きさえありました。

しかしながら、現代になって周囲の変化が著しく、経営にも迅速さを求められるようになってからは、そのオリジナリティがあだとなってしまい、お荷物状態にあります。

経理にしても、統一のアプリケーションを使用すれば、直ぐに集計できるのにも関わらず、そのオリジナリティのために上手く行っていない現状です。

おそらく、電車区も同じようなことがあるのでしょうね。
(勝手に想像してしまいましたが・・・)

時代の流れ、この一言につきるのでしょうか。

投稿: 五穀豊穣 | 2004.11.08 19:52

皆様コメントありがとうございます。
>primeraさん
統廃合は検査の関係で一箇所にまとめておくと有利らしいです。西関係は減りましたね。豊田と三鷹が残りましたが、昔は今の横浜支社の武蔵中原や青梅もあったようです。
>Kaz-Tさん
IOカードは集める間もなくsuicaに変わってしまい支社ごとの差もわからないのです。しかしそういう過去があったんですね。支社ごとというとかつては「車内補充券」にバラエティがありました。また引っ張り出してみます。
>五穀豊穣さん
支社ごとの裁量が地域性を上手に汲んでいると見ています。本社からはなかなか地方の動向はわかりません。701などは本社サイドの判断だったのでしょうか? 地方から見ればあまりマッチしていない車両に思えます

投稿: SATO | 2004.11.27 22:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14942/1885639

この記事へのトラックバック一覧です: JRは私鉄です1 支社での違い:

« 秋の珍事 精算運転 | トップページ | JRは私鉄です2 JR同志でも精算運転はある »