« やはり | トップページ | 西武ライオンズが始まった日 »

2004.10.25

湘南新宿ライン ここが変わった

湘南新宿ラインが増強されて1週間たちました。blogでも人気でコメントをくださる皆様もたくさんの感想を書かれています。私はちょっと変わった視点で書いて見ます。

まず、今回の増強を機に行先表示が変わっています。従来ですと湘南方面は「横須賀線直通」という表示が正面で側面が「新宿経由 大船」という表示でしたが、今回から変わりました。正面には「湘南新宿ライン」です。
231mae.jpg

側面にも「湘南新宿ライン」が表示されるようになりました。

tokkaitakasaki.JPG
特別快速高崎行きです

tokkaitakasaki2.JPG

これですっきりわかりやすくなりました。

もう一つ、東海道線の113置き換えに充当するのですが、国府津電車区にもE231が配置になりました。E231、椅子が固くて大変評判が悪いのですが、国府津の配置は多少クッション性能が上がっており、着座が苦痛ではありません。ただ、サロを入れる関係で2両だけ小山の車を転属させていますので乗車の際はご注意を。見分けるのは簡単。室内のLEDが2段のものが国府津の車です。

kouzuled.jpg

2段仕上げは0番台の常磐仕様車から採用。同じ0番台でも総武配置は1段です。山手配置の500番台は液晶モニター

また湘南新宿ラインは原則的にE231に車種統一された関係で走行曲線(ランカーブ)の見直しがかかり、走行速度が上がりました。今までもうひとつチンタラ走っていた印象でしたが、これで一掃されました。

昔の画像が見つかったら対比写真として再掲載します。

湘南新宿ラインの感想は こちら こちら  いずれも力作です

|

« やはり | トップページ | 西武ライオンズが始まった日 »

コメント

 Kaz-Tです。SATOさんも湘南新宿ラインに乗られたのですね。増発されて大変便利になったと感じています。

 さて、国府津車のうち小山から転属してきた中間車の見分け方ですが、外観からも区別ができます。それは車体上部に車外スピーカーを取り付けるための準備がされているのが、今回の湘南新宿ラインと東海道線置き換え用に増備された車両で、小山からの転属車にはこれはありません。

 また、よく言われるE231系の座席の件ですが、私個人の感覚としては、そんなに悪い座席ではないと感じています。(よく利用する中央・総武緩行線での感じとして)

 しかし、思い出してみたら、国府津所属のE231系の普通車には、まだ乗ったことがありません。一度乗車して座り心地の違いを体験してみようと思います。

投稿: Kaz-T | 2004.10.25 23:58

ご指摘の点、僕も車内アナウンスで気が付きました。大宮以北の宇都宮線(あまり好きではないいい方ですが)を走っていても、車掌は、「本日は湘南新宿ラインをご利用いただき……」とアナウンスしているのです。種別が快速と言うこともあり、上野発着の普通とは違う、という点を強調しているのでしょうが。面白いコンセプトですね。……線ではなく、……ラインという微妙ないい方をしているのも、それなりに意味があるのかも知れませんね。

Primera

投稿: primera | 2004.10.26 00:52

いつもコメントありがとうございます。
>Kaz-Tさん
国府津はモハの位置も小山とは違っているようですね。blogにも書きますが、前面で国府津の車と一発でわかるのが「編成番号がシール」といったところでしょうか。国府津車は座り心地良いですよ。
>primeraさん
名称を定着させようとしているのでしょうね。妻は「横浜新宿ライン」とか言っていますし、知り合いは「新宿ライン」と言っていました。大宮で「平塚行き」という幕を見て驚いたという反応も。確かに昔は考えられない行先ですからね。

投稿: SATO | 2004.11.03 11:03

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湘南新宿ライン ここが変わった:

» 湘南新宿ライン大増発 [鉄路的部落]
10/16改正で大増発された湘南新宿ラインの平日改正ダイヤ初日の18日、たまたま [続きを読む]

受信: 2004.10.27 17:56

« やはり | トップページ | 西武ライオンズが始まった日 »