« 小林靖子女史 | トップページ | 森村桂氏を偲ぶ »

2004.09.27

ソウルの地下鉄

祝日返上で働いた先週でしたので、今日は午後までゆっくり自宅で静養することにしました。

もう10年も前になります。新婚当初金がなく、妻に満足なサイフ一つ買ってあげられませんでした。当時はいかにバブルがはじけたとは言え失われた10年のまだ始まったばかり、国内の価格も高いところはまだ高かったのです。
そこでその頃はまだ安いと言われていた韓国でサイフを買おうと正月に出かけました。

韓国語も全くわからなかったのですが、鉄道のシステムが日本と酷似、いっぺんで興味を持ったのです。時を同じくして名著「韓国の鉄道」が発刊されむさぼるように読みました。著者山田さんに手紙を書き、お知り合いになれたのも縁です。

今では韓国語も読む程度までは理解できますし、友人もたくさん出来ました。知り合った当時は韓国在住の日本人鉄道ファン水野俊平先生も今では日韓の桟になる重要な方になりました。

さて本題。友人が韓国の地下鉄写真をデジタル化してくれました。1枚ずつお見せして解説します。
(なお韓国は鉄道が重要な軍事施設なので撮影は禁止です。友人は水野先生を介してソウル市地下鉄公社に許可を取って撮影しています)

seoul1000.jpg

これはソウル市地下鉄の1000系です。両側で国鉄と乗り入れをしており、感覚的に言うと東西線のようなものでしょうか? 初期は301系のような顔をしていましたが、経年劣化で廃車、今は新造された中間車に画像のような運転台をつけております。ステンレスの新型が増備されているので、いずれは消える運命です。

seoul2000.jpg

これは2000系です。2号線という山手線のような環状運転をしており、ソウルでも一番混む路線です。先頭車が非貫通で地下鉄というのがお国柄ですね

seoul3000.jpg

これは珍しい例、3000系です。元々は3号線の専用車としてフランスの技術で作られました。しかし国鉄と乗り入れを始めた頃から徐々に2号線に転籍をしています。形式も2000となりました。

seoul5000.jpg

今までは地下鉄公社の車両でしたが、これは国鉄の車両です。1号線用の5000系です。21世紀からこのスタイルになりました。

他にもたくさんの日本に似た車両があります。追々紹介して行きます。

|

« 小林靖子女史 | トップページ | 森村桂氏を偲ぶ »

コメント

撮影禁止とは知りませんでした。危ない、危ない。

写真とても興味深いです。なんで日本の車両に似ているのでしょうね。

1000系……営団地下鉄で一時はやったドアの小窓。正面は西武のステンレス車似。

2000系……このパターンは日本では見かけませんね。でも今市か。

3000系……これ見たことあります。米国のワシントンDCの地下鉄とそっくりです。フランス製だったのですか。

5000系……最近の営団車両に似ているか。ただし、ライトがふつうの丸形で不釣り合いですね。


Primera

投稿: primera | 2004.09.27 20:44

撮影禁止の件は私も初耳でした。

個人的には2000系の「地下鉄開通30周年」
(約20年ぶりに韓日辞典を引っ張り出しました。大学生の頃ちょっとだけ韓国語をかじったのが、こんなところで役立つとは(笑) 
結局ものになりませんでしたが)
の花電車的な飾りが面白いですね。リアルタイムで見たかったなあ。
5000系の先頭のステッカー(?)の貼り方も日本では見られないパターンでしょうか。

1000系は営団(東京メトロとはあえて呼ばない)車両、3000系の前面デザインは日本だと札幌地下鉄を思わせますね。

投稿: ダイヤグラム | 2004.09.27 21:56

 韓国の地下鉄車両もだいぶ洗練されたものが登場し、以前に比べるとカッコよくなりましたね。

 1号線で1000系を見た時にはあまりにも某車両に似ていたので思わず笑ってしまいました。でもよくよく見ると、前面は東武の8000系に似てるなぁと改めて思ったりもしました。

 ソウルに訪問する度に地下鉄の乗りつぶしを試みますが、やはり路線が複雑でなかなか進みませんね(^_^;)。おまけに何気に距離もあるので、1日ではおそらく厳しいんじゃないかと思います。


投稿: mattoh | 2004.09.27 23:15

コメントをくださった皆様レスが大変遅くなりました。長い間不調でblogにアクセスすることができなかったのです。どうぞお許し下さい。
>primeraさん
韓国は地下鉄は日本のシステムをTGVはフランスのシステムを採用しているので日仏混合のイメージがあります。3000系はそんな中フランスが受注した珍しいタイプです。1000系の更新顔は4000系というVVVF車の仕様を模しています。ちょうど西武の6000が出たか出なかったからかの頃ですから意識しているはずです。
>ダイヤさん
韓国語をかじったのですか。私は完全な独学です(NHKの語学TVは見ていますが)知人に達者なのが多いですから今では「冬のソナタ」も吹き替えナシで半分くらいはわかるようになりました。ステッカーはストに関しての記載のようです。行先は九老行きです。折り返し線がこの駅はあります。

>mattohさん
韓国旅行では先輩格のmattohさんも地下鉄の乗りつぶしはまだですか。私も国内同様全くダメで、やっと2号の環状部分を乗りつぶし、支線も新林道ーカチ山は乗りましたが、もう一方は未乗です。たいがいカミさん同伴ですから思いっきり乗れないんですよね。その割りに盆唐線の新線はだまくらかして乗ったりしました。

投稿: SATO | 2004.10.18 21:06

はじめまして。 確かに日本の鉄道によく似た車両が多いですよね。
これから登場の車両たちも日本の車両の模倣?
とは言いませんが、親しみのある地下鉄が登場するのではないかと思っています。

すでに韓国の鉄道模型を売っているサイトがあるくらいですので、これから人気が出るかもしれませんね!
模型は下記のアドレスです。ご存知かもしれないですが・・。
http://www.geocities.jp/ivorymodel/

投稿: かなっち | 2005.07.15 13:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14942/1532507

この記事へのトラックバック一覧です: ソウルの地下鉄:

« 小林靖子女史 | トップページ | 森村桂氏を偲ぶ »