« まだ間に合います。お急ぎください | トップページ | イベント臨を考察してみる »

2004.09.05

世界で一つだけのハザ

福島に行ったことを前に書いたのだが、ここで大変珍しい車両の撮影に成功できた。鉄仲間でも「よく撮ったよな」という声のほうが多い。クハ455-600である。
4551.jpg

これは455系列が東北新幹線開通と同時期にローカル転用されることになり、先頭車が足りないと言うことでクハ165などをじゃんじゃん転用をかけたとのこと。配給電車のところで書いた「貧乏国鉄の末期」におけるおもしろい転用の一つだ。が、クハも足りない、でなんとサロを先頭車改造したのがこの600番台だ。
九州と東北に各1両ずつ存在していたのだが、九州は廃車になってしまったらしい。で、東北は未だ健在である。

窓の構造など種車の特徴をそのまま引き継いでいるが、面白いのはグリーン車時代の小さい客用扉もそのまま残っていることである。
4552.jpg

こういう個性的な車両が減るかと思ったらどっこい西日本や東日本のJRでは再生産をはじめるなどJR(国鉄)と改造とは切っても切れない縁かもしれない。
またこれがとても楽しいのである。

|

« まだ間に合います。お急ぎください | トップページ | イベント臨を考察してみる »

コメント

確かに種車の700mmドア、ユニットサッシュ改造窓(オリジナルの下降窓に比べると断然かっこわるい)、AU12クーラーなど面影がありますね。1台しかないとは知りませんでした。シートは種車のままなんでしょうか。わざわざボックスシートを新設するのも金がかかりますよね。

Primera

投稿: primera | 2004.09.06 00:21

 こんばんは。

 確か九州、東日本とも乗った記憶がありますが、九州のやつはまだ改造間もない頃、G車の派生品をそのまま流用していて、結構乗り得感を味わいました。

 こうした摩訶不思議(?)な車両は、九州ではキロ28を改造したのが大村線を中心に活躍していましたが、こちらは何度か乗らせていただきました。快適な車内空間から見る大村湾もなかなか格別でした(^^)。

投稿: mattoh | 2004.09.07 23:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14942/1363879

この記事へのトラックバック一覧です: 世界で一つだけのハザ:

« まだ間に合います。お急ぎください | トップページ | イベント臨を考察してみる »