« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »

2004.04.18

メトロになって part1

東京メトロになって細かいところが変化している。こういう変化の細かさを追いかけるのがマニアの楽しみ。数回に渡って報告してみる。

まずは自動放送。従来は駅到着直前に
「まもなく池袋。東武線、西武線、JR線はお乗換です」だったのが前駅出発しばらくして
「次は池袋です。乗換のご案内です。東武線、西武線、JR線はお乗換です」となり駅到着直前に
「足元にご注意下さい。お出口は右側です」 と二段構えの放送になった。

また英語放送も大きく変わり「We will soon be arriving at ** passenngers channging marunouchi-line・・」が
「The next station is ** please chageing marunouti-line・・」と都営地下鉄のような放送になっている。

さて表示であるが 経過措置かメトロは新表示、他社は旧表示である。画像は上が旧表示のSR車、下が新表示のメトロ車になる

iidasr.jpg
iidamet.jpg

飯田橋の表示が2段から1段に変わっている

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.04.17

駅弁祭り

ありがたいことにNREが土日駅弁祭りをやってくれる。規模の大きいのは上野や大宮であるが、赤羽は構内でやってくれるので乗換時に立ち寄れるのがありがたい。

maturihata.jpg
のぼりが立っている

maturi.jpg
販売ブース

先週の日曜日に行ったのだが店じまいをするようで値引き販売をしていた。八戸の駅弁はなんと半値。

ikaout.jpg
ikain.jpg

うにめしも200円引きだった

uniout.jpg
uniin.jpg

全部で1300円だが満足できたその日の晩飯だった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.14

自社に帰れないT編成

東海道線の113では異色のT編成、これはJR東海所属の113系のことである。東日本の113がJRマークをドテッパラにビシッと貼るのに対して東海車は車端に小さくペタリと。クロスシート部分には白いカバーがかかるという高級仕上げ、しかし車内広告は静岡や名古屋の広告が多い。

これはこのT編成が東海道筋だけではなく御殿場線などでも運転されるという証拠であるし、「俺は東海だ」と自己主張している証でもある。

しかし運用は東がやっているので自社に帰れない運用も存在しているようだ。画像は平塚止まり。自社の境界駅国府津はちょっと先、熱海はしばらく先だが自社となるとさらに奥地に行く運用ではないと帰ったとはいえない。私鉄っぽい運転形態である。

SN250064

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.13

横浜でお茶漬け

相鉄の関連会社 株式会社イストが展開しているユニークなお店が横浜にある。お茶漬け専門店「さらり」だ。

sarari1.jpg

ジョイナスの地下1階にある

sarari2.jpg

入口はこんな感じ

この「さらり」だが女性向けのお店であるように見えるが意外や意外、食べ放題がある。「お茶漬け御膳」というのがそれで、950円と値が張るが味は一級品。上にかけるお茶が選択できるのが嬉しい。私は「京風だし」で食べた。

ochaduke.jpg

このように出てきた

なお伝票におかわりの回数が記載されるのが笑わす。3回しか伝票の記載場所がないので目標は4回ですな。初回ということで私は1回しかできなかったが、その後立ち食いそばを余裕で食えたところからみて朝食抜きで臨めば楽々4回は達成できると思われる。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2004.04.12

川崎競輪グルメ天国

川崎競輪場は昭和の賭場がそのまま残っている。と同時にグルメをうならす出店が一杯。あれこれいいませんまずは画像を

kawasaki1.jpg

kawasaki2.jpg


kawasaki3.jpg

kawasaki4.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.04.01

Good-bye 営団

営団地下鉄がその長い歴史を終えて「東京地下鉄」(東京メトロ)になった。

営団赤塚では係員がポスターを剥がしている

akakaisatu.jpg

東池袋では工事車が来て看板の変更中

kouji.jpg

駅員諸氏も大忙し

hikeposter.jpg

そして0:00 東京メトロに変わっても制服はそのまま、なんのセレモニーもなし

hike0401.jpg

キップも(交通営団)のままでした

画像スキャン中

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »