« 本庄早稲田開業 | トップページ | 丸ノ内線の駅番号 »

2004.03.16

山形の駅弁

さて、本庄早稲田を後にして次に向かったのは長野。長野新幹線の初乗りだ。長野も駅弁は豊富なのだがここは見送った。その代わり立ち食いそばを食べる。

長野駅の天ぷらそば

長野駅のそば

味は今ひとつだった感じである。それから向かったのは山形である。途中に米沢という牛肉駅弁のメッカがあったのだが残念ながら見送り。これは先週上野で「駅弁祭り」があり米沢の駅弁が多数販売されてあって食べてしまったからだ。

山形では立ち売りのおじさんも健在でGOOD

山菜牛肉弁当

外装

山菜がとてもおいしいです

中身

本当なら仙山線の車内で食べる予定だったのだが、腹が減りすぎて山形停車中に食べてしまった。しかしこれが正解! 発車間際にドヤドヤと人が乗ってきてとても駅弁を食べる雰囲気ではなかった。作並では立ち客も出る有様。仙山線って立派な混雑路線だったんだ! って再確認。

|

« 本庄早稲田開業 | トップページ | 丸ノ内線の駅番号 »

コメント

NALさんこんにちは、みやっちです。

#パティオから早速飛んで参りました。
 blog開業おめでとうございます。

さて仙山線ですが、かつて山形に住んでいてちょくちょく仙台との
往復に利用していたユーザーからコメントしますと、
東北で数少ない「幹線」扱いであることからして輸送量は半端じゃ
ないです。「愛子(あやし)」というベッドタウンを抱え、愛子~
仙台は区間列車も運転されています。
(山形~仙台が60分間隔・愛子~仙台が20分間隔が基本です)
編成は4両が基本で、朝夕は6両編成になり東北最長編成(?)を
守りつづけています。これが複線化して4両編成だけ、15分間隔の
仙石線との違いでしょうか。両線とも完全なる通勤路線ですが…
山形まで乗り通すのに、運悪く発車間際の乗車で立たざるを得ない
ときに、大抵は愛子あたりで座れるのですが、夕方ラッシュ時
などは、山寺まで座席が埋まっていていることもしばしばです。
山形~仙台は約60kmですが、山形・山寺から仙台まで通勤・通学で
利用している人も結構多いようですね。

投稿: みやっち | 2004.03.16 14:28

みやっちさんコメントありがとうございます。こちらでもよろしくお願いします。同乗していた他のお客さんの話だと愛子は泉区の玄関の駅だそうですね。また驚いたのが作並で「仙台市青葉区」だそうでまるで千葉の緑区のような感じでした。
田舎が仙台ですから東北新幹線が開業していない頃の方がよく行っていましたが、仙山線は客車かディーゼルが多く、北仙台は市電かバスというのが多かったです。仙台はもう大都市なんですね。

投稿: SATO | 2004.03.16 22:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/14942/305400

この記事へのトラックバック一覧です: 山形の駅弁:

« 本庄早稲田開業 | トップページ | 丸ノ内線の駅番号 »