« 2004年1月 | トップページ | 2004年4月 »

2004.03.29

湯島立ち食い黄金地帯

今日は城東地区の訪問だったので湯島を通った。この湯島、立ち食いそばの名店が並んでいることでにちゃんねらーに有名な区域である。
そのなかでお気に入りが「そばっこ」である。名前はかわいらしいが注文のたびに生麺からゆでるという本格的なもの

sobakko.jpg

ちょっと小さめの店舗

値段もなかなか安くて生麺をそのまま味わいたいなら「ぶっかけ」(240円)がお勧め、別途かきあげ(100円)でものせれば完璧、蕎麦湯まで出してくれるし、おにぎりは全部手で握るという良心的なお店である。

hiyasisoba.jpg

★おまけ
舎人線の扇大橋まもなく完成のようだ

toneri.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.28

新宿駅メシ再び

新宿駅に行った
新宿は多摩に長く住んだ私にとって都内の入口であった。そして就職してはじめて一人で住んだ場所でもあった。今でこそ池袋が地元であるが、新宿に対する愛着は人一倍ある。

その新宿には都内で誇れる立ち食いが2軒存在する。
カレーショップC&C箱根そばである。C&Cはその旨さに感動して97年ころからホームページを作って自主的に宣伝しているほどである。

その総本山、新宿本店がリニューアルのため休業中である。

candckaisou1.jpg
警備員が警備中

candckaisou2.jpg
近隣店舗を案内している

来月には復活するのでどうなったかを確認する予定

一方箱根そばは人気の季節メニュー「あさりかきあげ」と「いかしんじょう」の2品。今後ココログで季節メニューが出たたびに報告するとしよう。

hakosoba.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.27

井の頭線探訪

自称 京王ファンの私であるがもう一つの京王「井の頭線」はあまりまじめに撮影をしておらず気が付いたら旧1000はおろか3000も満足に撮影できていないことがわかった。
知人より「新車が入って分散の15Fが消えたよ」と聞きあせって井の頭線に行った。肝心の15Fは既に撮影してあるので後悔はしていない。

デジカメでは数枚しかとっていないが微妙な違いを発見、1000の11Fからは先頭車のナンバーが張り込み式になっているではないか。

張り込みナンバー

室内は袖仕切りがつくなどの変化があったのは前からわかっていたけどこういう変化がじっくり発見できたのは収穫だった。

また明大前では駅名標がいつのまにか細長いものに変わっていた。昔は他の駅にあるような立派なものだったのに

明大前

桜が満開の再来週は高井戸に行ってみるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.26

三郷中央駅

取引先が三郷市の鷹野というところにある。外環で行って三郷西で降りるのだが、取引開始の頃は何もなく道は遠回りで行くしかなかった。そのうち外環の下道ができてきてかなり短絡路になったのだが頭上につくばエクスプレスの高架工事が行われるようになった。
そして最近、外環の下道が松戸の近道ということで混むようになり、以前利用した迂回路をよく走るのだが、ここにつくばエクスプレスの「三郷中央」駅がある。

三郷中央駅

なかなかダイナミックな駅であるが、周りにはまだ何もない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.23

デパ食2題

鉄ネタよりもメシネタの方がトラックバックがもらえるのでこっちにしました。

高島屋大阪店の「東洋一の大食堂」、74年の歴史に幕
だそうです。大阪はいいなぁ・・ まだ大食堂が残っていたなんて。阪急がなくなってしまって日本ではもう見ることができないとばかり思っていたのだが、どっこい残っていたとは・・

東京はというと池袋のような「専門店が軒を並べる」姿ばかり、しかし日本橋や銀座にはそれっぽいのも残っている。しかし日本橋高島屋は野田岩のうなぎなどおよそ素人には手出しの出来ない価格設定のある高級食堂でちょっと楽しむというわけにはいかない。
そこで出るのが新宿の京王百貨店の「お好み食堂」懐かしさを少しだけ感じられる場所である。

さて、もっと手近なのはスーパーの「グルメパーク」 蕨のジャスコ(ダイヤモンドシティ)はなかなかの広さであるが、ここの一押しは

         「豚丼」

昨今の牛丼のまがいもののような商品ではなく、とんかつの和幸が自信を持って送り出す商品。これが蕨のジャスコで味わえるのだ。

看板

肝心の現物を写し忘れてしまったので後日発表

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.21

伊右衛門 はまりまくり

どうしてサントリーはこう宣伝上手なんだろう・・・・

サントリーのお茶というと必ずヒットに近い線を出すが大ヒットを出さないというので有名だが、そのサントリーがまたやってくれた。

伊右衛門である。抹茶を入れたというサントリーでは定番の商品であるが、PETのボトルを変えてみたところ生産が間に合わないとのこと。(この件はトラックバック「ネットジャンキーの狂想曲」で知りました)

そういえば昨年夏は「GOKURI]で生産中止を経験しており、サントリーは爆発的人気というのを何回も出すので有名。だけど商品が長続きしないんだよな。これが・・・ 市田ひろみを表舞台に出した「○茶」だって良い味出していたのに、「生茶」ブームでぶっ飛んでしまった。
こういうオマケも上手なんだよね
金と銀のミニ缶

有楽町線の車内では布地で作られた広告があった
伊右衛門広告

明日はどうせ更新できないから今日3本もアップしてしまった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら営団号

さよなら営団号が走るというので少しだけお付き合い。

乗車区間は千川ー東池袋 7020が担当でSマークはシールで復活していました。

akatuka.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋メシが熱い

鉄道とは違う話題でスマソ
今、ファッションの世界では名古屋ファッションがはやりらしい。それは食にしても同じ事で名古屋メシが東京にドンドン進出しているとのこと

まずは「みそかつ」 甘味噌をかけたトンカツのことであるが、名古屋の有名店「矢場とん」が銀座に出ている。(東京都中央区銀座4丁目10番14号  都営浅草線東銀座駅 A2出口よりスグ) 名古屋に行ったときはよく食べるのだが最近は大人気で本店も名駅地下も並びまくっているので見合わせていたところ。これからはマメに行くことができる。
#矢場トンのみそかつはmattohさんのページに詳しく記載。

続いては手羽先 これは東京でも前から専門店が進出してあり(鳥良など)知られてはいるが、名古屋の名店「世界の山ちゃん」がついに進出である。(東京都新宿区百人町1-11-22 リサビルB1F) 私は未経験(行ったけど混んでいて入れなかった)なので一度出かけてみたい。

最後は喫茶店メッカの名古屋の総本山 コメダである。神奈川県の荏田にできたらしいのだが何度も現地を通ってみてもわからない。しかし2chを中心に確実にできていると聞いているのであることは絶対だろう。

過去博多ラーメンやナタデココなど単発商品のブームはあっても「地域商品全般」でこれほどまでに盛り上がったというのは過去にないだろう。いずれも名古屋らしく「安くて 旨くて 量が多い」のが受けるポイントではないだろうか。

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2004.03.19

有楽町線で変化あり

まもなく東京メトロと衣替えする営団地下鉄であるが有楽町線も変化が出始めた

営団成増、赤塚が「地下鉄成増」「地下鉄赤塚」に変わるために路線図も変更。上は変化後の池袋、下は変化前の東池袋

池袋駅

東池袋駅

池袋では新木場と回送程度しか行き先がないが、それでも発車時間も併設した表示機がついた

新木場行きと表示

東京メトロの企業カラーである青を券売機などのカバーに使用している

東池袋の券売機

160円区間
池袋では160円区間の券売機もモデルチェンジ


有楽町線は丸ノ内線とは違って駅ナンバリングはまだ実施されていない
と思ったら千川では実施済みでした。

senkawa.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.03.18

国鉄が感じられる場所

古川駅前 ここは国鉄が感じられる場所である

bus2.jpg

路線図の拡大

bus1.jpg


bus2.jpg

20分もかけてココログ書いたのになぜかエラーで反映されず、NIFのバカやろー 夜にでも再アップします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.03.17

ゆいレール早くも駅売店撤退

構内40度で売店たまらず撤退とのこと。地域によっては色々あるんだなと再確認。原因は「暑さに対して構造上の問題で対策打てず」とのこと。
クーラーが設置できないなんてどうみても考えられないのだが、鉄道が長らくなかった、また近代鉄道は初の沖縄には想定できなかった要因なんだろうと同情のほうが多い。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2004.03.16

丸ノ内線の駅番号

営団地下鉄(4月より東京メトロ)が駅ナンバリングを始めた。丸ノ内線ではさっそく採用されていた。

従来の駅名標の部分にナンバーを貼り付けている。

池袋駅

このような感じ

池袋ー後楽園では他にも大きく表示してあるものもあった。御茶ノ水にもあるだろうと撮影をさぼったら「な し」とアップできないという大醜態を演じてしまった。すいません。御茶ノ水はこれです

御茶ノ水


神保町に行ったのだが東西線、半蔵門線、有楽町線には形跡なし。

池袋駅で再度撮影

柱.jpg

池袋駅.jpg


| | コメント (0) | トラックバック (1)

山形の駅弁

さて、本庄早稲田を後にして次に向かったのは長野。長野新幹線の初乗りだ。長野も駅弁は豊富なのだがここは見送った。その代わり立ち食いそばを食べる。

長野駅の天ぷらそば

長野駅のそば

味は今ひとつだった感じである。それから向かったのは山形である。途中に米沢という牛肉駅弁のメッカがあったのだが残念ながら見送り。これは先週上野で「駅弁祭り」があり米沢の駅弁が多数販売されてあって食べてしまったからだ。

山形では立ち売りのおじさんも健在でGOOD

山菜牛肉弁当

外装

山菜がとてもおいしいです

中身

本当なら仙山線の車内で食べる予定だったのだが、腹が減りすぎて山形停車中に食べてしまった。しかしこれが正解! 発車間際にドヤドヤと人が乗ってきてとても駅弁を食べる雰囲気ではなかった。作並では立ち客も出る有様。仙山線って立派な混雑路線だったんだ! って再確認。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.03.15

本庄早稲田開業

本庄早稲田という珍名の駅がなんと上越新幹線にできたというのでかけてみた。周りはまだ何もないが記念駅弁ができたというので買ってみた。
詳しくはmattohさんの「本庄早稲田開業」

早稲田の角帽が包み紙

これが外装

中身はおこわがメイン

これが中身。肝心の味のほうはというと「まぁまぁ合格」と言ったところか。それでもバランスよくおかずの設定がしてあるのと野菜が多いのは助かった。その後長野方面にも出かけたがそれについてはまた後日

その後の調べでこれは10日まで発売していた「合格祈願弁当」のマイナーチェンジ版であることが判明。だからできたんだ! 合格祈願弁当に関してはめりすたさんのmerrystyle blogs 今日の一折 に詳しく書かれています。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2004年1月 | トップページ | 2004年4月 »